魔界都市ブルース 妖月の章 (祥伝社文庫)

著者 : 菊地秀行
  • 祥伝社 (2008年6月12日発売)
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 21人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396334284

魔界都市ブルース 妖月の章 (祥伝社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 生まれ変わりたいという死者の思いが叶えられたときに、ただ一度だけ咲く「死人花」。“新宿”一の人捜し屋・秋せつらに舞い込んだ依頼は、花になって甦った妻を探して欲しいというものだった。しかし、それは何者かに持ち去られ、せつらは改造手術を受けた巨漢の刺客に襲われる…!人の儚さ、脆さ、別離の苦しみを魔界都市を舞台に切々と描く超伝奇小説の傑作。

  • これ、物語的カテゴリとしては、どの分類なのかしら?

    過去に爆発的人気をはくした物語なので、また読んでみようかな、と思い手にとってみた。
    うん、懐かしく面白かった。
    挑戦したのは学生時代で、まだまだのんびり読書に興じる程落ち着きがなかった頃なので(今よりも酷い斜め読み時代)基本的に良く判らなかったのだけれど、少し落ち着いてどっしり読書しても、やっぱり判らない部分が多かった。
    こう、ニュアンスの問題なのだろうけれど、描かれている状況が、脳裏で像を結ばない。
    ※私の読書は、文字の頭の中で場面に転換するタイプ。
    構成的な問題と、読みなれていない問題がいろいろあるが故の弊害なのだろうから、最初の部分から読み返してみたいと思う。

    因みに、読んでいる最中何度「せつらってどんだけ美形だよ!?」と叫んだことか。
    そして、以前読んだイメージとは違い、なんとなく人間くさい感じに拍車がかかっているような気がして、ちょっと驚いた。

  • 魔界都市シリーズです。主人公が依頼を受けて、ヒト探しをするお話です。
    ‘せつら‘かっこいい―!かわいい―!もっとメフィスト先生と絡んで!!と叫んでしまいます。

全3件中 1 - 3件を表示

魔界都市ブルース 妖月の章 (祥伝社文庫)のその他の作品

菊地秀行の作品

魔界都市ブルース 妖月の章 (祥伝社文庫)はこんな本です

ツイートする