セルグレイブの魔女 (祥伝社文庫 た 26-3)

著者 :
  • 祥伝社
3.60
  • (6)
  • (7)
  • (9)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 52
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396335427

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白かった。
    利明、玲子、赤城、彰久、キャラが立っていて、よかった。
    視点の切り替わりがしばしばあるが、わかりやすく、読みやすかった。
    ラストの活劇、エイリアン2でリプリーがプラットホームでビショップをに呪うシーンを彷彿させるスリルがあった。

  • ファンタジー的なものかと思いつつ読み始めましたが、ある種の猟奇的な殺人。
    自分を取り巻く狭い社会の中で、こんなにいろんな事が起こるのかという驚きはあったが、もし起こったとしたら疑心暗鬼になってとんでもないことになりそう。

    事件は解決するが、みんなの心の傷が癒えるこたがあるのだろうか?

  • タイトルと表紙より、中世ファンタジー小説だと思い込んでいた。タイトルはテレビゲーム内のメッセージであり、そのメッセージが必ず書かれる連続殺人事件をめぐるミステリー小説。
    現実ではあり得ないと思うことも、あり得るだろうと思わせるのが小説の醍醐味であることを思い出させる。身近な町内で発生した殺人事件の旨み(恐怖や不安、自身の住む町が舞台になることの不謹慎なわくわくさ)を存分に堪能できる。物語を追うことで、犯人当てっこゲームと無縁でいられた。
    奇妙で不気味な表紙が気になったら是非どうぞ。合言葉は「セルグレイブの魔女を訪ねよ」。

  • 守山:2012.4.12 自己購入 寄贈
    ベストセラー庭師の高瀬美恵の作品 正直こちらの作品の方が私の中ではベストセラーです。それほど高速に読めますし文章の構成は久々の力作で良かったです。是非読書が苦手な方も読んでみて頂きたいです。最終的に誰が犯人か?ですが実は私守山は前半4分の1で予測出来ました。我ながらあっぱれです!でももうひとつ仕掛けがあるので凄いんです。作者の勝ちかなやはり。

  • すっごく疲れてて、さわやかにさっぱりしたい!そんな人には無理でっせ。
    でも、ゲームの設定やら読み込みやら、なかなかよく練られとります。

    出てくる人がいまいち性格悪くて誰にも感情移入できないので、
    どっかに止まり木を探してもまったくないのがちょっとつらいけど、
    さささっと読むにはいいんじゃなかろうか。

    すごく勧めたいわけじゃないけど、後悔はなし。
    最後にもうひとひねりあると、よかったな。
    なんとなく最後の展開でそれを期待しちゃったので、その分ちょっとだけ点数は辛めで。

  • 2010-12-12開始
    2010-12-13 読了

  • 戦慄のミステリー・・・なんて裏表紙の書いてあったので、ワクワクしながら読んでいたけど。
    最初の方で犯人に気付いてしまって、驚くべき箇所がなく何となく残念。

  • 子供失踪事件

    ポップ買いしたけどあんまりだった

  • 最後の最後で、すべてが上手く連鎖していたなあと感じました。智紀君の真相は考えていたことが綺麗に外れ、読んでびっくりでした。終わり方は個人的には凄く好きです。

  • 面白いけど、この人の他のを読みたいかと聞かれるとあんまり。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

代表作につばさ文庫「わがままファッション GIRLS MODE」シリーズなど

「2018年 『星のカービィ スターアライズ 宇宙の大ピンチ!?編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

セルグレイブの魔女 (祥伝社文庫 た 26-3)のその他の作品

高瀬美恵の作品

ツイートする