しまなみ海道追跡ルート (祥伝社文庫 に 1-28)

著者 : 西村京太郎
  • 祥伝社 (2010年2月5日発売)
2.85
  • (1)
  • (1)
  • (7)
  • (3)
  • (1)
  • 26人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396335496

しまなみ海道追跡ルート (祥伝社文庫 に 1-28)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 句点が多くて読みにくい。
    十津川警部が愚弄されると書かれているが、十津川警部の推理通りに話が進んでいく。
    その推理には穴があるのでは?と思っていても、その通りに進むからイライラする。
    しまなみ海道に興味があって手に取ったけど、徒労に終わった。
    ーーー
    白昼、観光会社「瀬戸内ビュー」社長の愛娘が誘拐された。身代金は五億円。ライバル会社社長の、岡山県牛窓の銀行口座に振り込めというのだ。身代金を回収し、モーターボートで闘争を図った犯人は、クルーザーに衝突して沈没。新たに六億円の要求が……。だがそれは、さらなる悪夢への序章にしか過ぎなかった。十津川警部を愚弄する犯人側の意図とは!?

  • はじめは誘拐事件だった。誘拐事件のヒントはしまなみ海道にあると、勇んで行った十津川と亀井だったが、なかなか解決できない。

    すると、そこに隠れていた真実は意外や意外・・・!

    おなじみのどんでん返しが特長の一冊か。

  • あ、西村作品だ!と安心できる一冊だと思います。読み易さは人に因ってさまざまですが、鉄道が好きな方には全体的に十津川シリーズはお勧めしたいです。

全3件中 1 - 3件を表示

しまなみ海道追跡ルート (祥伝社文庫 に 1-28)のその他の作品

西村京太郎の作品

しまなみ海道追跡ルート (祥伝社文庫 に 1-28)はこんな本です

ツイートする