臥竜の天(上) (祥伝社文庫)

著者 :
  • 祥伝社
3.80
  • (6)
  • (4)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 82
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396335878

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 221130

  • 前々から読んでみたかった正宗の話
    子悪党ぶりがグー!

  • ん〜〜〜〜〜〜
    良くも悪くも、普通。
    伊達政宗がこの上なく好きだから伊達政宗の本だから、という理由で手に取ったけれど
    文章に重厚感がないので、やや不満。
    初めて『伊達政宗』の人生を読むのならもう少し彼の幼年期から読んだ方が面白いだろうし
    かといって、ある程度詳しくなってから読むと、もう知ってる話ばかりなので・・・

    どうかな。
    巻が進んでいけば面白くなるかな。

  • 政宗。上中下巻。

  • 火坂版 独眼竜 伊達政宗ストーリー。上巻は、輝宗死去から小田原遅参まで。政宗ストーリーの中で、一番の出世ストーリー。若い政宗が、輝宗射殺指示から、負け戦などを経験し、したたかな武将に成長してゆく。
    火坂版らしく、すごくゆったりしたストーリーで読みやすい。片倉小十郎についてはよく知っていたが、妙心寺派の虎哉宗乙が、ここまでブレーンだったとは知らなかった。

  • 奥州という中でしか生きていなかった政宗が、天下の現実を見ることになります。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

作家

「2017年 『左近(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

臥竜の天(上) (祥伝社文庫)のその他の作品

火坂雅志の作品

ツイートする