天竺熱風録 (祥伝社文庫)

著者 :
  • 祥伝社
3.75
  • (1)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396336820

作品紹介・あらすじ

大唐の太宗皇帝の命を受け、下級文官・王玄策ら三十余名が天竺へ向かった。目的地のマカダ国は難路悪路の遙か彼方。しかも行く手には天空の頂・雪山がそそり立つ。苦難の旅の末辿り着いたマカダ国では、名君が逝去し簒奪者による悪政が行なわれていた。囚われの身となった王玄策は脱獄を決意し…。中国史上もっとも数奇な体験をした使節団を描く痛快冒険ロマン。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • http://wp.me/p7ihpL-mT

    この本の主人公は王玄策という実在の初唐の中堅役人。
    怪しげな老バラモンや、田中作品らしいお転婆娘とパワフル妃、報われない王さまと登場人物は多士済々。
    現代でも大変なヒマラヤを越えてインド行きを、もちろん飛行機もない時代に人生で3度も行い、あげくに行った先で大活躍して史実に埋もれた、王玄策という人物の物語。

  • 初唐の時代に実在した、王玄策の波乱万丈なインド旅行?を
    講談調(紙芝居風)の軽快なタッチで描いてます。

    田中先生の架空戦記モノは未読なので知りませんが、中国物に
    関しては、人物造形が全体的にアッサリ風味な印象ですが、この
    作品においてもその特徴が良く出ています。

    文官にして驚くべき戦功を立てたものの、割と注目されてこなかった
    ことを思えば、田中先生の軽やかな描写と良く合う気がします。

    たまには違った感じの小説を読みたい方にオススメします。

  • 一桁世紀に、支那の文官が、天竺へ行って、いろいろあって掴まったのでちょっと脱走してその辺で兵士借りてちょっとボコって帰る、といふ史実とやらに取材した話。
     しかもこの方、衒ひのないものながら、玄奘三蔵法師の関係で一回、これの後まう一回、普通に天竺往復したんですって奥様。
     支那人はウシについて、息の他に乳汁は基本摂取しないといふトリヴィアが面白かった。
     藤田和日郎先生の表紙はかっこいいのであった。

  • 王玄策と言う唐初に天竺まで使節として旅をし、天竺に起こった不当な王朝を正す話。
    史実(もちろん詳しいことは?)には一応のっているらしい
    チベットとネパールの軍隊を率い、インド側の軍を破るのだからたいしたもの。

  • 中国・唐代、王玄策という人とその一行が天竺(インド)へ旅します。
    その道中の冒険の話。
    知恵を働かせて、&勇気・観察力…etc.…で、ふりかかった災難に立ち向かっていく主人公。
    結構、史実を元にしているらしいです。

    台詞以外の部分が、漢文読み下し文のような文体で、かつナレーションのように書かれていて、読みやすく、どんどん読めます。
    面白かったです。

  • 歴史上にはあまり名前の出てこない人物が、実は凄い事をやってのけていたんだよ。ごく簡単にいうとそんな感じ。
    物語は紙芝居を観ているような口調で進行します。

全6件中 1 - 6件を表示

天竺熱風録 (祥伝社文庫)のその他の作品

天竺熱風録 単行本 天竺熱風録 田中芳樹

田中芳樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする