公園で逢いましょう。 (祥伝社文庫)

著者 :
  • 祥伝社
3.81
  • (6)
  • (19)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 85
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396337018

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短編の連作集。公園に集まるいわゆるママ友たちのそれぞれの物語。にせ久保っちの話は良かった。

  • 公園に集まる5人のママ達。それぞれの視点からの話。「春の雨」もよかったけど、「魔法使い」がすごく印象に残った。頑張れと応援したくなる。アキちゃんママの視点からの話がなかったのは何故?それが残念だった。

  • 図書館で。ちょっと良いお話でした。

    人はみかけによらぬもの、と言うのか同じような場に集まって似たような話題で盛り上がっているようでもそれぞれ考えていることは違うし思うことも違うんだよなあと言うことをしみじみ感じさせるお話でした。肩書で言えば皆おなじ「母」なのだけれども。過去と言うものは重いものだなあと思ったりしました。それぞれ心に残る人は居ても実際結婚しているのは違う人と言うのがシビアだなあ。女性は現実的な生き物だ。あたしはバカだけど間抜けじゃない、と言う一言がずんときました。

著者プロフィール

1969年、岡山県生まれ。2002年『太陽がイッパイいっぱい』で第8回小説新潮長編新人賞を受賞しデビュー。他の著書に『イレギュラー』『厭世フレーバー』『タチコギ』『公園で逢いましょう』『JUNK』などがある。

「2017年 『泥棒役者』 で使われていた紹介文から引用しています。」

公園で逢いましょう。 (祥伝社文庫)のその他の作品

公園で逢いましょう。 単行本 公園で逢いましょう。 三羽省吾

三羽省吾の作品

ツイートする