秘剣 双ツ竜: 浮世絵宗次日月抄 (祥伝社文庫)

著者 :
  • 祥伝社
3.38
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396337544

作品紹介・あらすじ

天下一の浮世絵師宗次の長屋を訪れた将軍家綱の娘・扇姫。病床の父に贈る姿絵を依頼した直後、凄腕の暗殺集団に奇襲される。間一髪、宗次の剣に救われた扇姫の燃え上がる慕情。姫抹殺を阻止されたドス黒い権力奥の院が放った「宗次斬首」の非情命令!遂に動き出した恐るべき青装束の忍び群。宗次はどう受けて立つのか。扇姫の切ない慕情と迫る暗殺剣の動きは。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • L 浮世絵宗次日月抄4

    ちょっと絡みの相手がデカくなりすぎてゲンナリ。上様とか姫とか長屋暮らしの浮世絵師が絡むには無謀すぎないかぃ?いくら出生の秘密があったってさ。
    ついでに御都合主義のオンパレードでそんなうまくいく〜?のツッコミどころ満載。で、逆な面白さもあるけれど。どうやら3作目から江戸を出るパターンになったのかねぇ?スケールが大きくなりすぎてついていけず。それに狙われすぎ!(笑)

  • 第四弾
    幕府内の暗闘、最強の忍者集団との死闘
    将軍家綱の娘扇姫との係わり
    長いがある面一気に読める

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1940年生まれ。時代娯楽小説の王道を歩む「浮世絵宗次日月抄」「ひぐらし武士道」「ぜえろく武士道覚書」といった3つのシリーズで累計130万部を突破。拵屋銀次郎半畳記シリーズに『無外流雷がえし(上)(下)』がある。

「2018年 『俠客四 拵屋銀次郎半畳記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

門田泰明の作品

ツイートする