民宿雪国 (祥伝社文庫)

著者 :
  • 祥伝社
3.41
  • (13)
  • (37)
  • (49)
  • (14)
  • (1)
本棚登録 : 266
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396338794

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 雑司が谷2冊を読んで、もう一作と思い手に取りました。相変わらずのハチャメチャストーリーですが、サンプリングのような作風、かなり好きです。2014/3 読了

  • 樋口毅宏は入り口とクライマックスがまったく違う。
    コマーシャリズムで入って、実は純文学。
    エロで入って、愛。
    バイオレンスで入って、日本。
    『民宿雪国』
    この題名にまず騙されるなと言いたい。
    川端康成はではない。
    トンネルを抜けると日本の戦中・戦後がある。

  • 久々に書店のPOPに惹かれて文庫を購入。
    この作家、もちろん初。

    日本画壇の大家にして北陸の鄙びた民宿の主人だった男。
    生涯表舞台に現れず、謎に包まれた数奇な人生を送る画家の実像を、
    あるジャーナリストが追う。高名な画家に隠された秘密とは・・・。

    ・・・という要約内容で果たして正解なのかどうかも解らない。
    最初の章を読んでいる時からなんとなく感じる違和感が、ラストで
    より大きなものになる。そして、読中いたるところでこう思う。
    「なんじゃこりゃ?本当に小説か?」と。

    あからさまに実在する(ないしは、した)人物や団体、メディア等
    が多々登場してくる。それも一部は意味深なイニシャルで。文体も
    地味な私小説風かと思えばとんでもなく突飛。細やかで美しい言葉
    で描写されるのは、徹底した差別と猟奇。読んでいてアタマがクラッ
    とする作品は、本当に久々に読んだ気がする。

    コレ、ちょっと言葉で説明しきれないかも。
    しかし間違い無く映像化出来ない世界だし、万人受けする作品でも
    無い。読んでもらうしか方法が・・・。

    思わず絶句してしまう程の問題作。コレを読んだ日の夢は、相当な
    悪夢だった。覚悟の上、ぜひ!

  • 作中の登場人物が現代史の中の誰なのかを想像しながら読んだ。若い人には分からない場合も多いのかと思った。個人的には、その部分はあれこれ推理して楽しめた。

    丹生雄武郎にまつわる話の中で様々な差別の問題を取り上げているが、一つに絞って物語を展開してもいいのかなとも感じた。物語としては、正直作りすぎて微妙なところもある。

  • 結局何が嘘で何が本当なのか分からなかったけど、それもどうでもよくなるくらい面白かった!笑。物事は見方によってこんなにも違うんだなぁ、と。ところどころでクスッとしてしまうところは変わらず。でもすごく好き嫌い分かれそうな作品。わたしはスピード感のある『雑司ヶ谷』シリーズの方が好きなので星4。

  • 鬼籍 はばか憚りながらその直前まで軌跡を追っていた私が 新潟県寺泊町 にう丹生公平 怯みそうな気持ちを抑えて 束の間の膠着状態に身を持て余していると 鬱蒼と茂った中庭 きら吉良正和 可憐な芍薬しゃくやく 長岡の建設現場 彼女の剥き晒した襟足をじっと見ていた 凛とした佇まい 色香に一段と磨きをかけていた 薄倖の女神 どこまでも不幸に陥れたい邪欲に駆られたに違いない いまわ今際の際きわ サボタージュできない 洟をかんだ 曇り空のような翳りを見せた 勧善懲悪のドラマ 燻らせ 紫煙 面貌めんぼう 蜉蝣が閉じ込められた琥珀のループタイ 嘲笑った 飯台 昔取った杵柄 煽られた 同じ穴の狢 苔のむした土の下から 諧謔かいぎゃく まないもうと愛妹 こしら拵えた 羞じらって 長い睫毛 涼やかな風 越後湯沢に着くと大勢のスキー客で賑わっていて 苗場プリンスホテル 得心がいくとはこのことだった 梢 満点の星団 緩慢な動き ダイヤル式の黒電話 魔手ましゅ 人の心の深淵を思わせるほど暗い闇が部屋の中を統治していた 烈しい潮風 侘しい夕餉ゆうげ 男と女の断ち難い契り す磨り硝子 手練れの強盗が監視カメラの位置を確認するのと同じ目の動作だ 小夜嵐は続いている 安普請やすぶしん 似て非なるもの ディルド貼り型 谷崎を読んで女郎蜘蛛を背中に彫った 不退転の決意をうなが促す 性同一性障害 痴情の縺れ 憔悴 困憊こんぱい 性倒錯者 よく死ぬとはよく生きることであり、生きるとは何かと問われたら、死ぬことを考えることなのだと。 行住座臥ぎょうじゅうざが 纏わる 無為徒食に自分を堕ろしていました 隻眼 口実を拵こしらえた 有形無形の影響を受けました いじく弄る 流言飛語りゅうげんひご 嗤い出しました にうゆうぶろう丹生雄武郎 ご高著の上梓 松本智津夫 市川崑こん 厳父げんぷ 矍鑠かくしゃく 絵筆をと執る 斯んなものを仰ぎ見ては 「古希のシンデレラボーイ」と揶揄 射竦められてしまう うやうや恭しく 萬よろず 慰みもの 言葉に置き換え不可能な神秘性 傍点 尾形光琳こうりん 蒐集しゅうしゅう 貪って いわ謂れ 朦朧体 慄然すべき驚愕 にわ俄か 長閑のどか 俎上 めいちょう明澄な記憶力 嘯く繰り言 夭折ようせつ 容易い 毀誉褒貶 富嶽百景 剽窃ひょうせつ エピゴーネン=模倣者 旧かな遣い 高鼾たかいびき 跪いて 不安に覆わられていた 継子ままこ 銃把じゅうは 下賤 奸計かんけい 父兄 暖簾に腕押しの老獪なはぐらかしか 金銭での籠絡 耳朶みみたぶ とうじん唐人の寝言 大東亜共栄圏拡大の為の聖戦だと信じていました 泣いて嫌がる女を無理矢理犯すのが好きな男など稀です 茣蓙ござ のたま宣った ためら躊躇う 舵板にしがみつき漂流する私を除いては 意識だけが爛々と研ぎ澄まされていく 不意に憫笑が込み上げた すく掬い上げ 北川魳きたがわかますノーザンパイク 愚図ついた雲行きは爽やかな好天を招き 人生は素晴らしい。それは戦ったものだけが口にする資格がある。 哀悼の意を表します 梁石日ヤンソギル 忸怩たる思いに駆られました 借り物の教育論 『Y氏の妄想録』『血と骨』 白石さんのデビュー作『一瞬の光』 『終わりなき始まり』がベストワン エネルギーを振り絞って完走すると 短命な政権が続いて 文学は拮抗の中でその対象を凌駕していくエネルギーを持っていないと負けちゃうんですよ。物書きは、現実と対決し、凌駕していく気概を持たなければいけない。 フィクションのフィクションは、すかすかのシュークリームみたいなもので、フィクションというものは、まさにリアリティを持つ必要がある。そうしないと成立しないと思うんです。 『キューポラのある街』 前田日明 船木誠勝 崔洋一 原田芳雄 『闇の子供たち』 猥褻 『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』 タランティーノの『レザボア・ドッグス』 換骨奪胎 石井輝男 三池崇史 園子温

  • 強烈だけど、読みやすくサクサク読めた。おもしろかったけど、人を選ぶ内容。

  • 131107

  • 国民的画家・丹生雄武郎の生涯。

    初の樋口毅宏さん。

    前情報無しで読んだので度肝を抜かれた。
    でも、いい殺戮にわくわくする。


    連れて行かれる感の強いストーリーは楽しめたのだけれど、収束が少し物足りなかったかな。


    でも、サブカルの匂いがする!
    「タモリ論」のお人なのね、未読だが。

  • 民宿

全42件中 1 - 10件を表示

プロフィール

ひぐちたけひろ●1971年、東京都豊島区雑司ヶ谷生まれ。 出版社勤務ののち、2009年『さらば雑司ヶ谷』で作家デビュー。 2011年『民宿雪国』で第24回山本周五郎賞候補・第2回山田風太郎賞候補、 2012年『テロルのすべて』で第14回大藪春彦賞候補に。新潮新書『タモリ論』はベストセラーに。その他、著書に 『日本のセックス』『雑司ヶ谷R.I.P.』『二十五の瞳』『ルック・バック・イン・アンガー』『甘い復讐』『愛される資格』『ドルフィン・ソングを救え!』やサブカルコラム集『さよなら小沢健二』がある。

「2016年 『太陽がいっぱい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

民宿雪国 (祥伝社文庫)のその他の作品

民宿雪国 単行本 民宿雪国 樋口毅宏

樋口毅宏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
伊坂 幸太郎
横山 秀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

民宿雪国 (祥伝社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする