冥府に候 (祥伝社文庫)

著者 :
  • 祥伝社
2.75
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396340131

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 書き出しだからか、イマイチ魅力に欠けますね。

  • 首斬り浅右衛門の弟子

  • 田宮流居合術と山田流試刀術を遣う鬼塚雲十郎と同宿で、鏡新明智流の遣い手である馬場新三郎のコンビに、梟組の百蔵とゆいが影のように助けながら、畠沢藩内の勢力争いに決着を付けるまでの争いを描いているが、本丸は江戸ではないために、断罪できないまま終わる。展開に意外性はなく、平坦な感じがした。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1946年、埼玉県生まれ。埼玉大学教育学部卒業。1990年「剣の道殺人事件」で第36回江戸川乱歩賞を受賞。ミステリーから剣豪・人情時代小説へと執筆の幅を広げ活躍中。

「2018年 『鬼の隠れ簔 新まろほし銀次捕物帳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鳥羽亮の作品

ツイートする