ふたたびの園瀬 軍鶏侍 (祥伝社文庫)

著者 :
  • 祥伝社
3.69
  • (1)
  • (7)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396340315

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 軍鶏侍と呼ばれる剣豪・岩倉源太夫とその周辺の人々を描くシリーズ、第五弾。
    困難にぶつかったときに逃げずに向かって、ぐんと成長する若者の姿がみずみずしい。権助に後継者ができてよかった。

  • L 軍鶏侍5

    なんだか浮ついた話ばかり。
    唯一、市蔵の親友亀吉が岩倉家の奉公人になったことが素晴らしい流れ。一番光ってた。
    東野才二郎が江戸の女性と結婚。才二郎の朴念仁恋愛云々よりも好々爺的なおじさまたちが◎。
    軍鶏話は、まぁ、べつにいいや。
    このシリーズ、やはり目的着地点がないもんだから、岩倉源太夫の周り、知人の出来事だけで話が進んでいくので、なんだか日記を読んでいるような感じ。このまま年老いていくのかい?

  • 依然として面白いんだけど、何ていうか、長期シリーズの宿命か、ちと中だるみかな。。。
    物語の新陳代謝の過渡期として、好意的に受け取りたい。

  • 49

  • 軍鶏侍シリーズ第五弾。あまり時代小説を読むことのない自分だが、このシリーズだけは毎回、楽しみに読んでいる。軍鶏侍と呼ばれる剣豪・岩倉源太夫を主人公にした連作短編集である。

    今回は『新しい風』『ふたたびの園瀬』『黄金丸』の三編を収録。

    『新しい風』と表題作の『ふたたびの園瀬』は、若者の成長を描いた清々しい作品である。『新しい風』では、岩倉道場の権助が亀吉という弟子をとる。『ふたたびの園瀬』では、岩倉道場の若き師範代・東野二次郎が江戸で出会った園という女性と…

    『黄金丸』は、軍鶏を巡る話なのだが、久しぶりに岩倉源太夫の剣豪振りが堪能出来る。

    喜怒哀楽が散りばめられ、まるで諭すような文体で綴られた時代小説。次作が楽しみである。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

1944年、徳島生まれ。1993年、一人芝居「風の民」で第3回菊池寛ドラマ賞を受賞。2011年「軍鶏侍」で時代小説デビュー。書き下ろしの同作は、歴史時代作家クラブ新人賞を受賞するなど、圧倒的な評価を得る。

ふたたびの園瀬 軍鶏侍 (祥伝社文庫)のその他の作品

野口卓の作品

ツイートする