生活安全課0係 ヘッドゲーム (祥伝社文庫)

著者 :
  • 祥伝社
3.38
  • (5)
  • (25)
  • (42)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 206
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396341749

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 空気が読めないが、人の心理は読める。警察大学出のキャリアにも関わらず、現場勤務を希望する風変わりな主人公、小早川冬彦と愉快な仲間たちが繰り広げる刑事モノ。第二弾。
    KY刑事冬彦の型破りな言動は今回も小気味よいものの、現代版メデューサのような設定はちょっと無理があるような気もするかな。

  • P104まで読む

  • このシリーズは複数の事件を並行して解決していくのだが、接点がないなら短編として別個にしてはいけないのかな?内容としては題材が催眠術だからか、ややこじつけ的な感が否めず、千里眼シリーズなどには到底及ばない。

  • 生活安全課0係シリーズ第2弾。前作をかなり前に読んでいるので、間が空いてしまい、内容をほとんど覚えてないが、この作品単体でも楽しめる。冬彦のKY感と高虎のいい加減さが相まって、SROとは違う雰囲気で面白い。今回は同じ高校の女子生徒が3人続けて、自殺した事件を追いかける。黒幕の神ノ宮美咲は近藤房子を彷彿させる。今後、SROとも絡んでくるらしく、すごく楽しみ。

  • KY刑事の事件簿。今回はちょっとあり得ない展開だけどまぁ読みやすく引き込まれるストーリーだった。自作も楽しみ。

  • 2015 2 28

  • 2016 3.17 1作目がとても面白かったので期待して読んだが、残念でした。

  • 2作目は、彼にだいぶ慣れてきたんだけど、今回の謎解きには思わず引いた・・・
    それってフェアーなの?

  • そっちネタかぁ。悪くはないけど、ちょっと物足りないかな。まぁ、精神力で勝った、じゃないだけマシだけど

  • 2016_02_23-0021

全36件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

富樫倫太郎 1961年、北海道生まれ。98年第4回歴史群像大賞を受賞した『修羅の跫』でデビュー。「陰陽寮」「妖説 源氏物語」シリー
ズなどの伝奇小説、「SRO 警視庁広域捜査専任特別調査室」シリーズ、「生活安全課0係」シリーズ、『早雲の軍配者』『信玄の軍配者』『謙信の軍配者』の「軍配者」シリーズなど幅広いジャンルで活躍している。


「2019年 『スカーフェイス3 ブラッドライン 警視庁特別捜査第三係・淵神律子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

生活安全課0係 ヘッドゲーム (祥伝社文庫)のその他の作品

富樫倫太郎の作品

ツイートする