ヒポクラテスの誓い (祥伝社文庫)

著者 :
  • 祥伝社
3.80
  • (189)
  • (404)
  • (299)
  • (28)
  • (7)
本棚登録 : 3603
感想 : 306
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (378ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396342104

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • こんなに強引に解剖しても大丈夫なのか?と心配してしまう。
    1つ1つの話が自分に全く知識がない分野の話なので読んでてとても面白い。続編もあるので楽しみです。
    それにしても中山七里さんは何でこんなに違う分野に詳しいのだろう?

  • 臨床研修で法医学教室にまわされた栂野真琴は、いきなり准教授のキャシーに「あなた、死体はお好き?」と訊かれる。変態准教授のあとに会った光崎藤次郎教授も強烈な個性の持ち主だった。つぎつぎと強引に解剖を進める光崎。否応なく渦中に巻き込まれる中で、次第に真琴は解剖医の仕事に惹かれていき、自分から積極的に動き出していく。実は光崎にはある思惑があり、最後の第5編ではその真相が明かされることになる。解剖の様子、周りの人々の動き、真琴の心情などが詳細に描きこまれ、実に読みごたえがある。

  • 職業にするからには徹底的に個人の想いは不要。真実がその人のためになる。語れない人のために否応なく突き進む姿勢に感銘を受けました。

  • 小説の冒頭「あなた、死体はお好き?」
    うわっ!
    ええ感じやわ!
    深い根拠なく、そう思ってしまう自分が怖い (^_^;)
    法医学ミステリーになるんかな。

    生きてる人は嘘つくけど、死体は嘘つかん。耳の痛い話ではあるけど、当たってる。但し、死体は真実も話してはくれないので、真実は直接身体に聞く。

    傍若無人な光崎教授、キャシー准教授、研修医真琴、刑事古手川の掛け合いが面白い。
    中味は、5編の短編で、それぞれの死体の声を聞く。別の事件で、亡くなった人を検死して真実を暴く。
    バラバラの短編かと思ってだけど、それには共通点が!
    最後に暴かれる真実は!
    ハイ!一気読み!面白かった〜!
    中山さんのも結構溜まってるので、しばらく楽しめそう!(^_^)v

    • nikuさん
      こんばんは!
      明日、「ヒポクラテスの試練」を読もうと思っていたので、ついコメントしてしまいました(^_^)私も、中山七里さんは読み始めると止...
      こんばんは!
      明日、「ヒポクラテスの試練」を読もうと思っていたので、ついコメントしてしまいました(^_^)私も、中山七里さんは読み始めると止まらなく、一気読みしてしまうことが多いです。
      2021/11/23
    • ultraman719さん
      こんばんは!

      中山七里さん、面白いですね。
      法医学、リーガル、猟奇殺人、政治などなど、なんちゅう幅広さ!
      どれも良い感じです。この前読んだ...
      こんばんは!

      中山七里さん、面白いですね。
      法医学、リーガル、猟奇殺人、政治などなど、なんちゅう幅広さ!
      どれも良い感じです。この前読んだ「総理にされた男」も一気読みでした。
      まだまだ、手元にあるので楽しみです!

      「ヒポクラテスの試練」感想よろしくです!
      2021/11/23
  • 五つの短編。法医学教室の光崎教授の死者に対する圧倒的な解剖術と、研修医の真琴の成長の物語かと思ったら、全ての話が繋がっていた。普通の事故や病死と思われた死体を強引に解剖するという荒業を使って行うのは何故か、後半になって来ると何となく分かってくる。
    仕事ができなくて法医学教室ヘ送り込まれたと思った真琴にしても違った思惑が。
    真琴を送り込んだ上司に関してどんどん違和感が起きてくる。
    医学的な知識が無くとも、内容が面白いのであっという間に読み終えた。

  • 浦和医大、法医学教室に入った、研修医の栂野真琴は、治療も延命もできない医学に、価値はあるのか?
    と、いささか、懐疑的。

    教授は、光崎藤次郎。
    海外では高い評価を受ける傍ら、国内では、今ひとつ知名度が低い。

    准教授は、紅毛碧眼、日本語を流暢に喋る、死体好きのキャシー・ペンドルトン。

    警察との連絡役として、埼玉県警の古手川和也。

    泥酔状態で、凍死した中年男性。
    自転車に乗って、交通事故に遭い、死亡した女性。
    レース中に激突死した、競艇選手。
    自宅療養中、容態が急変し、治療中に死亡した、マイコプラズマ肺炎患者。
    等、事件性のなさそうな遺体を、半ば無理やりに解剖する光崎教授。

    しかし、何度か、光崎教授の元で、解剖をするうちに、真琴は、深奥と存在意義を知り始める。

    光崎教授は、「全ての死体が、好奇心の対象だ」と豪語し、
    「既往症のある遺体が出たら教えろ」と、古手川刑事に指示していた。
    果たして、その真意は?

    解剖シーンでは、臭いまで漂って来そうな、臨場感。
    なかなか面白かった。

  • またまた作者買い!
    中山七里先生の小説なら、何を買ってもまずハズレが無い!この本も然り!

    おっとこの本は、中山七里先生の本にはしょっちゅう登場する光崎先生の本ではありませんか!
    しかも古手川刑事まで(*^^*)
    こういうサービス精神が堪らない。

    しかし主役は、栂野真琴という浦和医大の研修医。
    単位不足のため、法医学教室に入ることになるのだが、彼女を出迎えたのは法医学の権威・光崎藤次郎教授と「死体好き」な外国人准教授キャシー。

    光崎の信念や、解剖にかける情熱、その腕に魅せられ、真琴は次第に光崎の世界へのめり込む。
    にのめりこんでいく。

    光崎は古手川刑事に「管轄内で既往症のある遺体が出たら教えろ」と言っていた。なぜ光崎は既往症に拘泥するのか?

    一編一編の短編自体も、とても惹かれるのだが、全体像が見えてきた時、物語は最高潮に!

    流石の中山七里先生。
    医療ミステリ書かせても流石の一言!

    古手川と真琴の関係も微笑ましく、古手川のあの事件にも触れられ、中山先生ファンはワクワクするような一冊だろう。

  • 中山七里さん『ヒポテクラスの誓いシリーズ』1作目 
    今度は法医学の世界に踏み入れた?!
    幅広さに脱帽。。。
    解剖シーンでは、強烈な解剖室や死者の匂いがしてくる様な錯覚さえ覚えた

    主人公の研修医とお馴染みの法医学の権威・光崎教授、外国人准教授・キャシー、そしてもっとお馴染みの古手川刑事が、亡くなった5人の解剖を経て、死因の真実を導き出していく話
    5話短編ではあるが、繋がりがあるので全くそれを感じさせない
    主人公の研修医はまともだが、それ以外はやっぱり濃厚キャラ(笑)
    真実を探るためなら、遺体に隠されたものを暴くためなら内規も手続きも無視して突っ走る光崎教授に、いつの間にか魅了されていく研修医の姿が頼もしい
    「あなたが言いたいことを教えて_」
    と死体に語りかける主人公
    続編もお決まりのセリフになるのだろうか?

  • 法医学関係のテレビドラマを見ているかのようにスラスラと読めて、気がついたら読み終わっていました。表には出てこない謎を解き明かす、という点では確かにミステリー。

    医療に関するストーリーを書くには専門知識が必要ですね。中山七里さんはどうやってこれだけの作品を作り上げるだけの知識を身につけたのだろう?分からない病名や様々な症状に対処する薬品の名前がどんどん出てきます。ただ、分からなくても読む障害にはならない。私のように医療に疎いものでもストーリーに真実味が宿ります。

    熟練を極めた解剖医が神技のようなメス捌きで真実(本当の死因)を究明していく。その様子を描く中山さんの「筆捌き」によって、死体と向き合う恐れ、暗さのようなものをほとんど感じさせません。むしろスッキリとした気分にさせてくれました。ストーリー自体はシンプル。

    伏線として様々な死因の影に隠れている真の問題を解き明かしながら、最後に回収していく。少し強引さは感じましたが、最近読んだ医療ミステリーの中では(私の中では)秀逸でした。

    この作品はシリーズになっているらしいですね。他の作品にも挑戦します。

  • 法医学ミステリー。
    登場人物がみんな個性的で、会話を通し、どんどん話に引き込まれました。
    研修医の真琴の成長する姿に、医師としての倫理観の厳しさを感じました。そうか、それが『ヒポクラテスの誓い』かぁ
    解剖のシーンでは遺体の色味や臭いがリアルに迫ってきました。当たり前だけど、ドラマで見るようなキレイなものではない事に改めて気づかされました。凄い仕事だ。
    原因究明のために解剖するとき、そこには家族や加害者の思いがあり、亡くなった人の『声』がある。解剖の重要性はとても分かります。しかし、解剖を強く嫌がる家族にもまた共感してしまいます。
    強い信念が人を動かし、5つの短編が一つの真実を明かす。
    続編もぜひ、読みたいと思います。

全306件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1961年岐阜県生まれ。『さよならドビュッシー』で第8回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、2010年にデビュー。2011年刊行の『贖罪の奏鳴曲(ルビ:ソナタ)』が各誌紙で話題になる。本作は『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』『追憶の夜想曲(ノクターン)』『恩讐の鎮魂曲(レクイエム)』『悪徳の輪舞曲(ロンド)』から続く「御子柴弁護士」シリーズの第5作目。本シリーズは「悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~(ソナタ)」としてドラマ化。他著に『銀齢探偵社 静おばあちゃんと要介護探偵2』『能面検事の奮迅』『鑑定人 氏家京太郎』『人面島』『棘の家』『ヒポクラテスの悔恨』『嗤う淑女二人』『作家刑事毒島の嘲笑』『護られなかった者たちへ』など多数ある。


「2023年 『復讐の協奏曲』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中山七里の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×