侵食捜査 (祥伝社文庫)

著者 :
  • 祥伝社
3.25
  • (0)
  • (4)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (407ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396342432

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 赤羽中央署の疋田務は、別居中の中一の息子と数年ぶりの団欒の最中、荒川赤水門で女子短大生の水死体を発見した。入水自殺が濃厚とされたが、遺体の胸に刻まれた謎の文様が気になった疋田は、異例の再鑑定を依頼する。さらに、二転三転する両親の言動にも違和感を覚える。喪った娘の何に口を噤んでいるのか?やがて捜査は、彼女を施術した美容整形外科の暗部に迫るがー。

  • 他の方の評価は低めだが…、私はまずまず面白かった。真相が分かると残念な感じがしたが…(動機に疑問。そこまでする?)名前ばかりで正体のつかめない市川和代が多分あの人だろう、と早い段階で予測がついたが、もう一捻りあったのか。
    疋田の離婚理由が気になった。小宮がらみかと思ったのだが、違うのか。
    それにしても、美容整形って怖いなあ。

  • 安東能明『侵食捜査』祥伝社文庫。

    『撃てない警官』も今一つだったが、本作もまた…

    赤羽中央署の疋田務は別居中の息子の慎二と数年振りに休日を過ごしていたが、その最中に通報があり、現場で女子短大生の水死体を発見する。当初は入水自殺と考えられていたが…

    謎めいた死体の発見と病院乗っ取りグループと医療過誤とが複雑に絡み合うものの、ストーリーに魅力を感じない。

    タイトルの『侵食捜査』の意味は最後まで解らなかった。

    『撃てない警官』を読み、将来的にこの作家の作品は読むことは無いだろうと思っていたが、この本を父親から譲られたことから読んでみた。

  • 安東能明氏の本を見つけたので、読んでみた。
    物語が、二転三転して、複雑に絡み合って来る。

    物語りは、主人公の赤羽中央署の疋田務で、別居中である。
    やっと数年ぶりに息子と会ったのに、急務で荒川赤水門の女子短期大学生の水死体を、川から拾い上げないといけない羽目になった。
    自殺と、思われた遺体には、謎の3の数字が、刻み込まれており、被害者の両親は自殺はありえないと、言っていたのに、整形手術を執刀したのが野島修一と知って言葉を濁す。
    再鑑定をして、腑に落ちないことが出て来る。
    整形手術をしたのを隠すかのように手術痕をメスで切り裂き、服を脱がせて、川に投げ込んだのでは、、、、
    同じように、整形手術をした北沢明美も整形の失敗(意図的に、手術を失敗にさせた)で、命が、危なくなる。
    元は、昔、心臓手術で、患者の取り違え事件が尾を引いている。
    その責任を、1人の看護師に押し付けられてしまった経緯が、連続の殺人と病院の乗っ取りグループの話と相互する。
    罪を擦り付けられて、お腹に宿った子も流産し、離婚に迄なってしまった渡辺陽子こと、金森芳江は、自分の不幸を呪い、事件後に何一つ変わらずに幸福な生活を送っている親子に復讐をしたかったのだ。

    今日は「看護の日」と、新聞に書かれてあったのに、この本は、少し重圧過ぎた。
    最後に主人公の疋田務と息子の慎二とのやり取りで、小さな幸せの一端を見た。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1956年静岡県生まれ。明治大学政治経済学部卒。94年「褐色の標的」で第7回日本推理サスペンス大賞、2001年『鬼子母神』で第1回ホラーサスペンス大賞特別賞、10年「随監」で第63回日本推理作家協会賞短篇部門受賞。近年、警察小説の名手として注目を浴びる。近刊に『広域指定』『伴連れ』『侵食捜査』など。

「2017年 『虹の不在 第Ⅱ捜査官』 で使われていた紹介文から引用しています。」

侵食捜査 (祥伝社文庫)のその他の作品

安東能明の作品

ツイートする