警視庁幽霊係の災難 (祥伝社文庫)

著者 :
  • 祥伝社
3.33
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396342456

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いじめに関する事件って、なんとも嫌な感じになりますね。死んでもなお反省の色もなく、なめた態度の加害者には、何度も地獄に落ちて苦しみ続けろと思ってしまいました。だから結花がこの子達もやりたい人生があったはずなのにって言葉にはすごい違和感を感じました。生きていたら更正もしないで、ろくでもないこと続けて、何人も死に追いやるよと。お宮の間の面々の活躍、すごいな~。いい人たちだね。三谷さんも大活躍?で(笑)これで一件落着と思いきや、縞子さん登場したよ~。こわ~っ。次回が気になります。

  • 2017/9/2(土曜日)

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

らいとすたっふ小説塾をへて、2005年に『警視庁幽霊係』でデビュー。テレビドラマ化もされた『よろず占い処 陰陽屋へようこそ』や、『タマの猫又相談所 花の道は嵐の道』など、数多くの人気シリーズを刊行している。

警視庁幽霊係の災難 (祥伝社文庫)のその他の作品

天野頌子の作品

ツイートする