六花落々 (祥伝社文庫)

著者 :
  • 祥伝社
3.64
  • (1)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (355ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396343613

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 六花…雪華の学問的探求にのみ
    目を向けていられたら。

    そう嘆息したくなるほどに
    後半はきな臭く血生臭い。

    それが人の世の常とは理解しつつも
    大らかな人生を生き通すことのできる
    世の中であってくれたら…と泣きたくなる。

    この作品に 雪華の美しさは感じない。
    人が背負う業というものの過酷さをただ思う。

    「おまえは、そのままでいろ」

    二度そう言われた何故なに尚七でさえも
    民の置かれた境遇に
    心揺らがざるわけにはゆかない。

    真の学問は 人の生き死にや幸福とは
    無縁のものであったか。そう感じさせられる。

    学問は力弱く 時代の求めと弾圧の繰り返しで
    その多くの本分は歪められてきた。

    歪まぬ学問は 生き残れぬ。

    私はこの作品を こう読み解いてしまった。
    読み終えて今 殺伐たる心境にある。

  • 題材が面白く、序盤の高揚感で期待大だったために失速感が残念。思うに歴史上の有名どころ全てに触れようとしたために内容がどんどん薄くなり、最後は主人公にさえスポットが当たらなくなってしまった。ラストの厳しさは「まるまるの毬」を書いた西條さんらしいなと思ったが、今回は惜しい....!!という感じ。

  • 「何故なに尚七」というあだ名の下級武士の目を通した話。主要な登場人物は実在した人物とのこと。
    雪の結晶「六花」に魅せられた尚七が、藩の上級武士の鷹見忠常と出会い藩主のお学問相手となる。
    鷹見忠常を通して蘭学などを学ぶ尚七。ただひたすらに学問を探究し、権力に媚びることもなく俗にまみれることもない。いつまでも真っ直ぐな心を持つ。
    立場上孤独で、時として非情な決断もしなければならない藩主や忠常は、そんな尚七を心の拠り所とする。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1964年、北海道中川郡池田町に生まれる。北海道帯広三条高等学校を経て、東京英語専門学校を卒業。 2005年、『金春屋ゴメス』が第17回日本ファンタジーノベル大賞 大賞を受賞しデビュー。2012年、『涅槃の雪』で第18回中山義秀文学賞を受賞。2015年、『まるまるの毬』で第36回吉川英治文学新人賞を受賞。

「2018年 『秋葉原先留交番ゆうれい付き』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西條奈加の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
上橋 菜穂子
宮部 みゆき
上橋 菜穂子
上橋 菜穂子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする