私は存在が空気 (祥伝社文庫)

著者 :
  • 祥伝社
3.76
  • (6)
  • (19)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 163
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396344771

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 少年ジャンパー
    私は存在が空気
    恋する交差点
    スモールライト・アドベンチャー
    ファイアスターター湯川さん
    サイキック人生

    どれも読後感のさわやかな短編集。
    こんな能力があったらなぁ…と、誰もが思う超能力をきっかけに、ささやかな恋心が芽生える感じの青春小説だった。
    勧めてくれたKに
    ありがとう

  • 著者名は中田永一名義だが、これは間違いなく
    乙一氏の「ZOO」の延長線上にある作品だ(^ ^
    ZOO文庫版の帯にあった名言「何なんだこれは」が、
    もの凄くしっくりくる(^ ^;

    短編集(一番短い作品は、6ページのみ!!)で、
    テーマも登場人物もバラバラではあるが、
    唯一「不思議な力」が絡むことが共通項。
    なので、基本的に「もの凄くフィクション」(^ ^;

    「不思議な力」のおかげで、助かったり困ったり、
    もの凄い大事件に巻き込まれたりしながら、
    あくまでドライで読みやすい文章が続く。

    時に笑い、ハラハラドキドキし、
    うっかり感動させられそうになったりしながら、
    あっという間に読み終わってしまう感じ(^ ^
    まさに「引き込まれて」いるのでしょう(^ ^

    とにかく、この読後感を文字で伝える能力は、
    私には無い(^ ^;
    「騙されたと思って読め」としか言えない(^ ^;

  • 中田永一だけど乙一も半分くらい入ってるような感じ。
    裏面の恋物語って表記に関しては、ちょっと疑問も感じる。どっちかっていうと青春小説とかの方が近い?

  • ひとつひとつのエピソードが 
    どれもちょっぴり非現実味を帯びていて
    とっても素敵です。

    読む者をどんどん惹きこむこの筆運び…相変わらずの文才。
    どの名義で書かれた作品も 私は好きです。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    ある理由から存在感を消せるようになった高校生、鈴木伊織。彼女を認識できるのは、友人の春日部さやかだけ。けれど、さやかと話すうちに、伊織はバスケ部で人気の上条先輩のことが気になりだした。ついにはその“体質”を活かし、彼の後をつけ始め…(表題作)普通じゃない超能力者たちの恋。それは切なくて、おかしくて、温かい。名手が紡ぐ、優しさ溢れる六つの恋物語。

    【キーワード】
    文庫・恋愛・ファンタジー・短編集・超能力


    +++++1

  • 一つだけ不思議な能力を持った人達がメインの短編集。
    カテゴリ的には児童文学になるのかな?

  • ファイアスターター湯川さんが好きです

  • 距離感が絶妙◎
    全編よかったよ!


  • 少年ジャンパー: 醜い顔の引きこもり少年がジャンプという時空を超える能力と年上美少女(彼氏持ち)と出会って脱引きこもり!的な話。 ジャンプでグランドキャニオンに行ったり不良を驚かせたり、あと妙に優しい強気美少女と、漂うラノベ感は強めだが読みやすくて短編としてはちょうどよかったよん。

    私は存在が空気: 自分の存在感を完全に消せるという(本書ではドラえもんの石ころぼうしで説明されている)能力を持った女子高生の話。 その力を使ってイケメンをストーキングかよ!!とか思ったけど、おっと!な展開で短編としておもしろかった。

    全体的にラノベ感が強かった。 超能力的なのが多かったけど、テンポはいいから読みやすかった。

  • カバーイラスト : 浅野いにお さん。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1978年福岡県生まれ、2008年『百瀬、こっちを向いて。』でデビュー。他の著書に『吉祥寺の朝日奈くん』『くちびるに歌を』『私は存在が空気』。別名義での作品も多数。

「2017年 『僕は小説が書けない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

私は存在が空気 (祥伝社文庫)のその他の作品

私は存在が空気 単行本 私は存在が空気 中田永一
私は存在が空気 Kindle版 私は存在が空気 中田永一

中田永一の作品

ツイートする