ハッピー・マニア (5) (祥伝社コミック文庫)

著者 :
  • 祥伝社 (2002年2月1日発売)
3.51
  • (20)
  • (12)
  • (65)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 214
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・マンガ (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396380083

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ダメ男のため吉と別れたカヨコは、フクちゃんにすすめられるまま、ホトケ顔の丸山という男と会うことにしますが、いっこうに心は動きません。そんななか、記憶をうしなったタカハシとの結婚に向けて、貴子はなりふり構わず突っ走ります。

    一方、フクちゃんとマリも、モテ男の田嶋をめぐって三角関係になり、そこにカヨコまでもが巻き込まれてしまうことになります。

    貴子が登場したときには、ここまで強烈なキャラクターになってストーリーをひっかきまわすとは思ってもいませんでした。「ふるえるほどの幸せ」を夢見るカヨコと、現実の幸せをつかもうとする貴子の二人に引き裂かれるタカハシの運命の過酷さに同情してしまいます。

  • 物語が、グルンとひっくり返り始めた感じ。
    キタキタキタ。

    でも、この話って、ただの「青い鳥」で終わる話じゃないよね。と期待を無駄に高くしてしまう。

  • この巻にして、一気に☆5つ。
    泣けるし、笑えるし、こころをえぐるし。
    このマンガ、読む人を試すよ。特に男。
    このマンガ、いいって女性はイイ線いっている。
    このマンガ、いいって男性は恋愛対象として信じてもいい。

  • 安野モヨコ氏を初めて知った作品。
    連載中から見てました。
    タカハシが大好きすぎる!

  • 高橋かわいそう

  • タカハシはいいオトコだと思う。風邪のときにあんな風にかけつけてくれりゃ、絶対に惚れる。

  • 元気がない時にいつも読む本

  • 高橋、何記憶喪失とかなってんだよー、ってイライラしちゃう。

  • ふつうに超おもしろい すごいと思う

  • 重田カヨコは文学の人だと思う。あんな女はいない。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

3月26日生まれ。おひつじ座のO型。東京都出身。
1989年、別冊少女フレンド増刊「Juliet」より『まったくイカしたやつらだぜ』でデビュー。
代表作は『シュガシュガルーン』『ハッピー・マニア』『さくらん』『働きマン』『オチビサン』など多数。
『シュガシュガルーン』で第29回講談社漫画賞受賞。

「2020年 『シュガシュガルーン 新装版(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安野モヨコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×