カメレオン・アーミー (祥伝社コミック文庫 あ 1-7)

著者 :
  • 祥伝社
3.52
  • (3)
  • (6)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 84
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396380687

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 女子高生が可愛い

  • うーん
    あんまり…
    好き嫌いがある
    昔の作品は特に
    絵柄もあってか、荒々しさ感じる

  • 短編。
    なので、ものすごいどんでん返しとかはないです。

    「夜の王子様」が、本当に王子様だったので、ちょっとびっくりした。

  • 安野モヨコはえぐくてりあるで言葉にできないことを代わりに作品で言っちゃうからすき。漫画はエッセイとかに見られない爆走感とかみっともなさにあふれているところが、すっきりする。男性的な、でも男性には理解されない女性性がリアルに描かれていると思うんだよね。最後の命令服従女の話、わかるっていったらそれは違うのだけど、こういう女心ってあるって凄く共感してしまう。全部の漫画読みたいなーあとよんでないのなんだろう。

  • 「あたしなんて1日4時間は美容についやしてるもん」というセリフに愕然。そうなんだ、きれいな女子ってそんなに頑張っているんだ。いやーたまげた。安野モヨコを読むと、女子に生まれた業っていうか、私からもっとも遠い何かを感じずにはいられない。

  • 懐かしい安野モヨコ。若かりし日よく読んだ漫画家の1人。タイトルにもなっている“カメレオン・アーミー”が個人的に好き。いるよ、他人の真似ばかりして自分を持たないやつ。でも安野モヨコは小気味良くてとても好き。今でも。

  • 衝動買い。ふつう。

  • 安野モモコの初期の短編が連なる一冊。どんどん自分のファッションなど真似をしてくる女の子に恐怖すら感じる女性が主人公の表題作などいろんな思い、悩み、葛藤を抱える女性を描いているけれどどこかさわやか。

  • ちょっと痛い。

全9件中 1 - 9件を表示

プロフィール

一九七一年三月二六日、東京都生まれ。漫画家。『シュガシュガルーン』で第二九回講談社漫画賞を受賞。著作に『ハッピー・マニア』『さくらん』『働きマン』『鼻下長紳士回顧録』『オチビサン』、エッセイ集「美人画報」シリーズ、『くいいじ』などがある。

「2018年 『黒い炎 黒い炎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カメレオン・アーミー (祥伝社コミック文庫 あ 1-7)のその他の作品

安野モヨコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安野 モヨコ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする