週末医食―土日で血液を浄化し体内リセット

著者 :
  • 祥伝社
3.50
  • (0)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396410643

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 食べ物に対する興味というか、関心度が増しつつある今日このごろ。毎日のごはんに雑穀や玄米を取り入れたり、魚を選んだり。
    精白米・牛乳・卵・肉はNG!という内容は少し衝撃だったけど、んー、実際のところそれらを減らしてみるとお肌の調子も良かったり。
    何が本当かは曖昧なところで、自分の体で試してみて、いいなと思ったものを選んでいくのがいいのかな。

  • 良いことも書かれていたけど、ちょっと違うんじゃないかというような内容も多かった。
    五分五分ぐらいで読むと丁度良いか。

    情報を得る際の常だが、一箇所から得た情報を正とせずに他所からの情報も確認しないとね。

  • 玄米食のすすめ。レシピが載っていて本のつくりもかわいい感じ。週末だけでも、体によい食事をすると違う、という提案。

    千島説を支持している一人ということで著書を読んでみている。

  • デトりたいアナタに。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1950年 東京医大卒業。血液生理学専攻。
1955年 千葉大学(医)にて、医学博士号授与。以降1970年まで「大学研究室」「血液センター」等にて基礎医学的研究を続行。
1970年 「お茶の水クリニック」開業と共に、世界的長寿郷・実地調査を開始。2019年9月現在、60数回の現地調査を重ねる。
1989年 中国・瀋陽薬科大学・客座教授。
1997年 グルジア国立医科大学・名誉教授。
2003年 韓国・朝鮮大学校大学院・招聘教授。
「腸管造血説」(1960年)、「経絡造血説」(2004年)の提唱による新しい血液生理学を土台にした自然医学や、40数年来の長寿郷調査によって国際的評価を得ている。お茶の水クリニック(1970年~2019年4月)では「ガン・慢性病の自然医食療法」を実践・指導。2019年7月数種の新機軸療法を携え「米壽庵クリニック」を新規開業。著書多数。国際自然医学会発行の月刊『森下自然医学』誌は2019年10月号をもって640号となっている。

「2019年 『最強の自然医学健康法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森下敬一の作品

ツイートする
×