君の絵じゃダメだね(仮題)

著者 :
  • 祥伝社
3.43
  • (14)
  • (6)
  • (45)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 91
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (150ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396420031

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 学生時代に影響を受けた本。
    久々に読んだ。
    自分のやりたいことや感じたことを表現していていいんだと思えた。イラスト描いたり、物語書いたり、写真撮ったり、自由に自分らしくやろうと思う。

  • ”19”というデュオの歌詞&イラストを描いていた人。
    「こうありたい」と願う部分も含めて、共感できる言葉多く。
    人って、そんなにキレイじゃないことは解っているけど、でもだからといって誠実さを失いたくはないのョ、という気持ち。

  • 古本屋で購入。
    なんだかんだで326が好きなんだろうな。
    必要な言葉が見つかる本だった。
    なかなか手放せない本。

  • 小学生のころ、ボロボロになるまで読み込んだ。
    326への憧れはすごかった。326になりたいと思っていた。今でも少し思っているかもしれない。

  • 古本屋で購入した一冊。字が大きくて読みやすい(笑)鞄にポンっと入れておきたい本。

  • 泣かずに読めたことがない本。

  • 目をつぶり、知っていた言葉を並べると、君はまだそこにいるような気がしていた。世界のすべてを愛していました。

  • 高校のとき親友からプレゼントされた本。
    当時の自分の気持ちを思い出す!

  • 326好きなんです。326のエッセイ集。自身の過去や想いを綴ってあり、ほんわかとしてしまう内容です。

  • 4月、学校の図書館。
    326さんのエッセイ。この人の感じ方や感性はやっぱりすごくやさしい。普段忘れてるものをたくさん思い出させてくれる。

全15件中 1 - 10件を表示

326の作品

ツイートする