やっかいな隣人韓国の正体―なぜ「反日」なのに、日本に憧れるのか

制作 : 呉 善花 
  • 祥伝社
3.50
  • (4)
  • (11)
  • (17)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 92
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396612757

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 知れば知るほど嫌いになる国。
    こちらの常識は先方の非常識。
    遠慮や卑下なんてすることない。
    言うべきことは言う。
    あちらの精神安定のために、こちらが譲ることはない。

  • 反日教育、歴史捏造、日本海名称、竹島問題など、韓国の人の考え方を理解するために読んでみたが、ますます解らなくなった。

  • 仕事で韓国を担当していることもあり、韓国支社の人たちとコミュニケーションをとることで私の仕事の一部が形成されています。韓国支社長は年配のかたですが、普段よく話し合う人たちは私よりも若く、英語も私以上に堪能で仕事をしている限りは、彼らが反日感情を持っているとは思えません。

    私が接している人たちは、世界における日本の位置づけを頭では理解している人達だと思います。ただし、この本に書かれている通り、多くの韓国の人たちは「反日」なのでしょうか。

    一度ホテル近くのコンビニに買い物に言ったときに、聞き取りにくい英語で、その店員さんが「韓国は世界一の民族だ」と言っていたのが印象に残っています。日本民族が世界一だと思う必要はないと私は思いますが、日本民族がアジアの一員として、どのように関わってきたのかは歴史を通して学び続けていきたいと思っています。

    以下は気になったポイントです。

    ・鬱陵島もかつては日本人が住んでいたというか、使用していた時期があって、徳川五代綱吉時代に、当時の朝鮮王朝との協議によって朝鮮側に譲った経緯がある(p16)

    ・テレビでよくソウルや独島で過激な示威行動が映し出されるが、大部分がプロ民族主義活動家(大韓民国光復会、在郷軍人会)である(p26)

    ・親日反民族行為真相究明特別法の範囲が広げられてきた結果、野党ハンナラ党の現党首・朴女史は、朴元大統領(元陸軍少尉)であり、追い落とされる可能性がある(p50)

    ・金正日の韓国におけるイメージが決定的に転換したのは、2000年6月に平壌で行われた南北首脳会談で、彼が示したパフォーマンスが儒教的に優れていたため(p97)

    ・2005年の韓国における上位10%の平均月収所得は、下位10%と比較して18倍(80万と4万円)、2004年は16倍、以前は10倍程度、かなり格差が大きくなっている(p113)

    ・GDPとGNIの格差が大きい理由として、1)輸出依存度が60%と高い、2)主力輸出産業がITに偏っている、である(p115)

    ・韓国が中国と比較して、まだマシなのは、全員に電気が来ていること、中国で電気が使えるのは1割程度かも(p141)

    ・韓国人のアメリカ移民者数が、2000年以降に急増している、2000年以降の4年間で17万人、1990年代の10年間と同数、かつてと異なるのは中間から上流階層、若い人、専門技術者が多いのが特徴(p145)

    ・国王とは、中国に服属した周辺国家の首長に与えられる称号、676年以降には新羅は中国から国王という称号が与えられた(p149)

    ・韓国5000年(半万年)の根拠は、13世紀末「三国遺事(1280)」に書かれた檀君神話にもとづく、これによると4300年余りとなり切りあげて5000年とした(p164)

    ・高麗の次の王朝が朝鮮(李氏朝鮮:1392-1910)であるが、その国号は宗主国である明に選んでもらったもの(p174)

    ・韓国のウォン札の肖像にもなっている世宗大王(セゾン)が、1446年に訓民正音(ハングル)を作成した、日本は古代にひらがな、カタカナを作っている(p177)

    ・秀吉は明王朝を侵略しようとした、根本の理由はナポレオンやジンギスカンと同様、乱世を統一した英雄は軍隊が余ってしまい、全員クビにすることができない、中国も同様のことを朝鮮にやっている(p179)

    ・モンゴル族は元王朝、満州族は清王朝、ツングース族の一派である女真族は金王朝を立てている(p181)

    ・日本人は死んでしまえばみな仏になり平等という考え方をする(p185)

    ・朝鮮は独立して、1897年には大韓帝国と名乗った、これは中国の臣下である国は使えない、これが使えるのは中国から独立したことを意味する(p194)

    ・創氏改名の法律は「してもよい」であり「しなくてはいけない」ではない、8割の人たちが創氏改名した、日本式の姓を名乗った方が有利であったため(p215)

    ・士農工商という身分から、芸能人や宗教者は価値から除外されている、身分としても最底辺に位置づけられている(p237)

    ・日本と韓国との違いは、職人が名を残していて、彼らが尊敬されていること(p239)

    ・マジンガーZは、「テッコンV」、宇宙戦艦ヤマトは「宇宙戦艦亀船」、科学忍者ガッチャマンは「トスクリ五兄弟」、あしたのジョーは「挑戦者ハリケーン」、鉄腕アトムは「少年アトム」のようにタイトルが韓国では変更されている(p261)

    ・現代の韓国は、1)全体主義的な民族主義の流れ、2)極端な経済の自由化推進によってもたらされた流れがある(p286)

    2007/4/21作成 2010/10/31改訂

  • テッコンV、宇宙戦艦亀船、トスクリ五兄弟、挑戦者ハリケーン、少年アトム、トンチャモン、パワモン

  • ・スポーツへの国家感情の持ち込み
    ・倫理の無い国に対しては、倫理は必要がない というマインド
    ・文化的な日本に対する優越感意識
    ・儒教の礼の思想:身分・階級・長幼の序列をはっきり示し、秩序を保つ
    ・韓国人は一旦相手にぶつけ、これと正面からわたり合うと信頼感が生まれる
    ・属国としての歴史を隠す
    ・1446年、ハングル制定時は自ら貶めた「中国文化という優れたものがあるのに」
    ・耳塚は供養
    ・過ちを認めない国
    ・伝統的に汗をかく・体を動かすことは卑しまれ、頭を使うことが尊い文化

  • 呉さんは韓国と日本の違いを一番良く理解している方です。

  • 韓国のことが嫌いとかではない。
    ただなぜそこまで太陽政策などのように
    北朝鮮と仲良くしたがるのかなどがわかるかも。
    うのみにするのはよくないが、結構いいことが
    書いてあると思う。

  • 韓国の歴史、民族的考え方などを背景に、著者の二人がそれぞれの意見を述べていく形式でかかれている。
    井沢さんは、結構喧嘩売っているの!?と思うくらい過激に言うけれど、呉さんは出身国だからか、比較的柔らかく韓国を批判している。ただ、二人とも隣国としての韓国を批判していることには変わりない。この本を鵜呑みにするのもまずいけれど、日本人が、「なぜ韓国ってこうなの!?」と思う謎を解き明かしてくれます(笑)<br>
    「敵と戦うにはまず敵を知ること!」そんなふうに思えましたww<br>
    とくにノムヒョンが大統領になってから。それから孔子の儒教の思想に浸っている。その二つが今の日本にとって「やっかい」な軋轢を生んでいるんだろうなぁ、と思えた。<br>
    でも、まぁ、これは韓国の話。今の日本にとって一番のたんこぶは中国!(だって、韓国も中国へ倣え、的な反応だし)中国は運動も過激で直接的だし、貿易や国力でも、もう日本を抜く勢い(もうすでに抜かれているものも多いけれど)。<br>
    やつらこそ!
    どうにかならないのでしょうか。。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1954年、名古屋市生まれ。早稲田大学法学部卒業後、TBSに入社。報道局在職中の80年に、『猿丸幻視行』で第26回江戸川乱歩賞を受賞。退社後、執筆活動に専念。独自の歴史観からテーマに斬り込む作品で多くのファンをつかむ。著書は『逆説の日本史』シリーズ(小学館)、『英傑の日本史』シリーズ、『井沢元彦の激闘の日本史』シリーズ(ともにKADOKAWA)など多数。

「2018年 『天皇の日本史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井沢元彦の作品

やっかいな隣人韓国の正体―なぜ「反日」なのに、日本に憧れるのかを本棚に登録しているひと

ツイートする