ゆるめてリセット ロルフィング教室―一日7分!体を芯からラクにするボディワーク

著者 :
  • 祥伝社
3.38
  • (4)
  • (2)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396612818

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何度も読んでしまう。

    体の謎解きができる。

    少ない情報だけれども、ほかでは得られない。

    買ってしまった!

  • 専門的に知りたい方には物足りないかもしれませんが、わかりやすくて読みやすい本だと思います。

  • まず「ゆるめる」ことから始める、歪みの矯正、身体の調整。わかるんだけど、本だけ読んで実践するのは難しい。
    とりあえず、ロルフィングとはなにか?を理解する入門書に。

  • ヨガなどである程度の骨、筋力の位置などをつかんでいないと、
    ちょっと厳しいかも。
    ペアワークでやったりすることが多いのがちょっと難点。
    図が多めだけど、トピックスに関する骨や、筋肉がわかりにくい。
    動きも含めて図解してあるとわかりやすいと思う。

  • 能楽者である著者の身体をラクにする方法論が図で具体的に説明されている。呼吸法と背中、腰のアファーメントはこれからも実行していきたい。

  • 筋肉の緊張をゆるめることにより腰痛などの症状を緩和する。ただし専門のロルファーのセッションを受けることがやはり必要で、本自体の実用性は低い。

  • 新宿

  • 今、10シリーズやってる最中なので、役に立ってる。

  • 表層→深層→統合
    統合のステップを除く、一人でできるロルフィング一週間プログラム。

  • 実践中。
    筋肉を触って感じられるのがいいです。イメージできて。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1956年千葉県銚子市生まれ。能楽師(下掛宝生流:ワキ方)、Rolf Institute公認ロルファー。高校時代、麻雀とポーカーをきっかけに甲骨文字と中国古代哲学への関心に目覚める。高校教師をしていた25歳のときに能に出会い、鏑木岑男師に弟子入り。能楽師のワキ方として活躍するかたわら、『論語』などを学ぶ寺子屋「遊学塾」を、東京(広尾)を中心に全国各地で開催する。また、公認ロルファー(米国のボディワーク、ロルフィングの専門家)として各種ワークショップも開催している。著書に『能に学ぶ「和」の呼吸法』(祥伝社)、『身体感覚で「論語」を読みなおす。』『身体感覚で「芭蕉」を読みなおす。』(春秋社)、『身体能力を高める「和の所作」』『異界を旅する能 ワキという存在』(ちくま文庫)、『あわいの力』(ミシマ社)、『日本人の身体』(ちくま新書)など多数。

「2017年 『あわいの時代の『論語』』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安田登の作品

ツイートする