下世話の作法

  • 祥伝社
3.44
  • (12)
  • (25)
  • (40)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 172
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396613266

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 品は大事。お金の使い方や態度。どんな人にも必要で、肩書もお金持ちも貧乏も関係ない。
    特にお金の使い方が下品になるのは見ていて嫌なものだ。

  • 学園祭タイアップ企画
    10/30-11/10まで展示中
    請求記号:779.9/Bi 図書ID:10025728

  • 2016/7/15宝塚中央図書館から借りた。

  • 作法とは。

  • ビートたけしが語る、日本人の作法、粋、品。

    究極の下品を知ったぶん、究極の上品も分かるのでは…
    そんな前置きから始まる。

    自分の下世話な部分も認めつつ、
    周りへの心遣いを忘れない。
    現代の日本人が失いつつあるものを、
    おかしなエピソードとともに思い出させてくれる。

    己を知ること、恥を知ること。

    読んで良かった。

  • 前書きから面白い!、流石世界のキタノです。
    とりあえず。

  •  あんまり話題になったとは聞かない本。
     特に売れたとも聞かない。じゃあ、というので読んでみてわかるのは、ビートたけしという芸人の「得体のしれなさ」である。とりわけ変わったことを書いているということではない。ビートたけしはTVで見る通りのビートたけしには違いない。しかしながら、ビートたけしがどういう人物か? ということを捉えようとすると、とたんに正体がつかめなくなるのである。
     すごいぞ、
     目の前にビートたけしはいるのに、手にとってつかもうとすると実体がない感じ。これが家元・立川談志であれば「ああいう了見の人」という理解はできる。(この「理解できる」という条件さえ満たせばたいていは納得される)が、読み物で見れば見るほど、文章から背後に潜む人物像をレリーフしようという試みをすればするほど、本質的なものから遠ざかっていく不思議な感じ。

     おそらくあんまり書評的なものが出てこないのは、「テレビに写っているビートたけしを本の中にも読み取る」か、「あまりにも本文から本人につながる手がかりを見つけようとして呆然とする」かのどっちかだからなんじゃないかと思うのであります。

     可でも否でもいい。一度は体を通しておいていい本だと思った。
     そのくらい、この読後感はレアなもので。

  • 粋とは自分のよりどころであるというビートたけしさんが、「粋」と「作法」について語る本。

    (メモ)
    1.粋とは
    ・粋とは常識をわきまえた上での、もう一つ上の生き方である。
    ・粋とは芸ごとである。よって結構つらかったりもする。
    ・作法をたくさん持つ人が粋なのだ。

    2.作法とは
    ・作法とは突き詰めれば人を喜ばせることである。
    人を喜ばせるとは、相手を立てること。
    ・相手を立てるには気を使う。しかし相手に気を使っていると気付かせてはいけない。
    ・莫大な知識が必要。(インプット)

  • 品ってなんで口3つ?

    挨拶

  • 日本人が忘れてしまった精神性を思い起こさせる。粋とは?品格とは?人間性とは?

全37件中 1 - 10件を表示

下世話の作法のその他の作品

ビートたけしの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
村上 春樹
村上 春樹
デール カーネギ...
三島 由紀夫
ジェームズ アレ...
ロバート キヨサ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする