困難に打ち克つ「脳とこころ」の法則 ゾーンと海馬があなたを強くする

著者 : 林成之
  • 祥伝社 (2011年6月15日発売)
3.20
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :43
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396613778

困難に打ち克つ「脳とこころ」の法則 ゾーンと海馬があなたを強くするの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【生き方】困難に打ち克つ「脳とこころ」の法則/ 林成之/20161019/(133/559) <171/58690>
    ◆きっかけ
    ・K(図)より

    ◆感想
    ・脳は好き嫌いのラベリングをする。最初の感情が大切。

    ◆引用
    ・人のこころとは、思考あることでのみつくられる、高次元のもの。
    ・人は本能に逆らえないが、本能を鍛えることによって変わることができる。
    ・しっかり考え、プラスの感情を高めることでこころは磨くことができる。
    ・こころを閉じずに知りたいという本能をしっかり働かせ、あらゆることに興味を示すことで、脳が考える仕組みの入り口であるA10 神経群を前向きに働かせることができる。
    ・人は自分が発した言葉を使ってくれる相手は脳内に受け入れる。=>相手の言葉を直接繰り返し使うことで相手の脳に入ることができる。そのために相手を尊敬すること。
    ・理解力、思考力、記憶力等の脳の力は、どれも最初の感情によって、そのパフォーマンスが左右される。
    ・わかっているけどその気になれないとき。理解することによって好きになり、興味を持つことができる。(通常)興味を持つことで理解する。
     -成功体験を増やすことで興味を持つ(脳内では成功の神経回路を再構成しやすくなる)
     -夢や望みを高めることで理解力を高める
     -繰り返し考えることによって自分のやってやるという気持ちを高める
    ・本番で実力を発揮させるコツ=普段と同じ場所と感じさせ、大舞台のハードルを下げる=>下見、いつもやる儀式(規則正しい生活を送り、環境の統一・一貫性を保てる習慣や動きを普段から意識して身に着ける)、いつも使っているものを持つ、要点を言葉にする、普段と同じ行動をとる。
    ・自己報酬神経群=自ら働くことが大好き。じぶんでやってやるという気持ちを引き出す良い質問をすること。どうすればいいと思う?
    ・相手と戦うのではなく、仲間でありたいという本能を活かす
     -戦う相手やライバルは自分を高めてくれる大切なツールだと捉える
     -勝負は自分を高めてくれるチャンスだと思う
     -勝ち方にこだわる
    ・やる気を引き出すポイントは、自分が楽しいと思う、自分の仕事(行為)で、誰かが喜ばせることにある。
    ・行き詰まりを打破するためには15分だけ歩く。

  • あたりまえのことしか書いてないとおもうんだけど、脳の先生が言っているというのが新鮮であり信憑性がある。自分が読むというより、いろんなことに悩んでいる人に読んでもらいたい。

  • ■マインド
    1.自分が置かれた状況を好きになるのには、愚痴を言ってはいけません。嫌だ、嫌だと愚痴を言っていては、結果を出すことは不可能です。愚痴を言うこと自体が、自分の脳に「働かなくてもよい」というシグナルを送っていることと同じだからです。
    2.どうしても「好き」になれなかったり、「やる気」が出ないときには、まず理解する。理解できると、脳は興味を抱き、好きになる。
    3.負けたらチャンスである。
    4.目標とする人の写真を置く。

全3件中 1 - 3件を表示

林成之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
チップ・ハース
デイル ドーテン
羽生 善治
デール カーネギ...
佐々木 圭一
ピーター・セージ
有効な右矢印 無効な右矢印

困難に打ち克つ「脳とこころ」の法則 ゾーンと海馬があなたを強くするはこんな本です

ツイートする