西郷の貌―新発見の古写真が暴いた明治政府の偽造史

著者 : 加治将一
  • 祥伝社 (2012年2月1日発売)
3.02
  • (6)
  • (11)
  • (17)
  • (10)
  • (6)
  • 本棚登録 :109
  • レビュー :19
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396614133

作品紹介

歴史作家・望月真司は、一枚の古写真に瞠目した。「鳥津公」とされる人物を中心に、総勢一三人の侍がレンズを見据えている。そして、その中でひときわ目立つ大男…かつて望月が「フルベッキ写真」で西郷隆盛に比定した侍に酷似していたからだ。この男は、若き日の西郷なのか?坂本龍馬や勝海舟らと違い、西郷を写した写真は現存しない、とされている。よく知られた西郷の肖像は、彼の死後、外国人が描いたものだ。「一三人撮り」の大男が西郷だとしたら、この写真はいつ、何のために撮られたのか。謎を解明すべく、望月は鹿児島へ飛んだ。明治維新の中心人物たちと「南朝」を結ぶ糸、西郷と公家の関係、武器商人・グラバーの影…望月は、次々と驚愕の事実に直面する。

西郷の貌―新発見の古写真が暴いた明治政府の偽造史の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 加治将一氏の「望月真司」シリーズ。本作では、「一三人撮り」の写真から、明治維新の謎に迫っています。毎度のことながら、その斬新な切り口で、歴史の面白さを味わわせてくれます。が、過去の作品よりは、衝撃は少なかったかも知れません。

    このシリーズが本作で終わりでないことを願っています。

  • 幕末のスター、西郷隆盛。彼の肖像画は有名だが、写真は残されていないとされていたが、西郷が写っていると歴史作家望月のもとに持ち込まれた古写真を解明していくことで明治政府の偽造が明らかになっていくというストーリー。
    史実をもとに謎を解いていく内容は歴史好きには興味深いか、望月を妨害する組織や、冒頭に望月がその組織に襲われ、記憶喪失の状態で物語が始まる当たりは歴史ミステリーをエンターテイメントに仕立てようとしているようでやや食傷。話の内容は興味深いだけに歴史ミステリーの謎解きだけで充分なのに残念。

  • 人間はまず腹だ。今日1日、食えるか食えないか?百姓も腰も関係は無い。朝の起き抜けから頭にあるのはそれだけで、1にも2にも関心事は上をしのぐことであり、腹が満たされれば、これ以上の幸せはなかった この男を見るにつけ、つくづく人を束ねるのは学問ではない。努力でもない。器量という持って生まれた摩訶不思議な力なのだと思う 昔、家が買えるほどに高価だった本は捨てられない。不思議な現象だが、本は家にあるだけで中身が感染すると言うのは本当の話だ

  • 西郷の写真がないことがまた伝説的。

  • 明治天皇は何者かにすり替えられた
    そして北朝の系譜だったのに、明治帝は南朝をまつり始める・・・薩英戦争講和の時に撮影された13人写真に
    フルベッキの写真で西郷と比定された男が映っていた

    しかし、陰謀論で印象操作のために明治帝と西郷隆盛の画像をすべて回収して別物にすり替えたことを語るのだが、現実におわす明治帝をみる元勲たちの眼は騙せないよね・・・西郷だって遠い過去じゃないんだから

  • いつもの望月真司シリーズです☆13人撮りの真相を探す旅はあいかわらずハラハラドキドキ☆次も読もうと思います。

  • 西郷隆盛の写真は残っておらず、また肖像画も血縁者のモンタージュによって描かれているということは有名ですが、本書の出発点は、実は、当時の薩摩藩の主要人物の写真に氏名が判明しない大男がおり、これが西郷なのではということです。

    フルベッキ写真との整合を経て、明治天皇すり替え説へと移行していきます。

    西郷の顔をあえて違う印象に描かざるを得ない根拠は若干弱い気もしますが、フルベッキ写真が残る以上、明治天皇(本書では大室寅之祐とは断定していませんが)とされる者の謎は残ります。

    いずれにしても、幕末の様々な駆け引きの中で南朝系の暗躍という筋書きは新しい印象を受けました。

  • 江戸時代末期の「十三人撮り」の一枚の写真から、右端の大男を実在しないといわれる西郷隆盛の写真であると推定したところから調査が始まる。幕末の混乱期の真相、明治新政府の隠された歴史に迫ろうとする作者の推論は、読み物としては面白い。作者の独りよがり的な側面も多々あるように思うが、幕末から明治にかけての日本の歴史を「隠れ南朝」という切り口から論じている点が興味深い。

  • シリーズもののようです。
    13人の武士の写真をもとに、フルベッキ写真などが出てきて、これが西郷だ、と結論づけるまでの話でした。

    大久保さん贔屓の私としては、若干納得いかないところもありますが。
    南朝が、絡むのは面白かったですね。

  • 12/05/12 イマイチ良くわからない話であるが、奇想天外さがありそう。

全19件中 1 - 10件を表示

西郷の貌―新発見の古写真が暴いた明治政府の偽造史のその他の作品

加治将一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
東野 圭吾
加治 将一
和田 竜
石原 慎太郎
池井戸 潤
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

西郷の貌―新発見の古写真が暴いた明治政府の偽造史はこんな本です

ツイートする