私がくまモンの上司です――ゆるキャラを営業部長に抜擢した「皿を割れ」精神

著者 :
  • 祥伝社
3.69
  • (5)
  • (13)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 113
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396614867

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2014/03/23啓文堂書店 渋谷店で話題書コーナーに平積み。

  • 熊本県知事によるくまモンを営業部長にした理由とか。
    県庁に勤める人々の意識改革はどうやってやるのかとか。

    県知事の生い立ちなんかもさらっと描いてあるが結構異色な経歴だったんだと面白く読めた。
    そして教え子さんたちにも慕われてて素晴らしい。

  • 政治の本でも、熊本県知事の半生でもありません。
    この本は、「勇気をもらえるビジネス本」
    (帯タイトルを拝借【笑】)

    怒らないリーダーはどのような形でくまモンを世に出し
    どのように熊本を変えようとしているのか
    県庁職員(公務員)をどう意識改革していくか
    そのためには誰が身を切る痛みを最初に味わうべきか

    リーダーとしてのあり方 指針 
    タイトルから なんとなく読んでみたい程度だったけど
    この人が熊本県知事なら我が故郷は大丈夫だろうと思えた

    知事になってから 川辺川ダムの問題、水俣病の問題と
    負の部分もしっかりと取り組み、
    熊本県民が前を向けるようにと、
    くまもとサプライズやくまモンの営業部長抜擢など 
    前向きな部分でも功績を残している知事

    この本が発刊したのが昨年3月
    その後4月に起こった震災

    今、まさに取り組むべきことが多数あり大変な時期にあるはずだが、
    ホント体に気をつけて、なんとか乗り切ってもらいたいと思う。

    日曜日に読んでよかった 明日からもちゃんと頑張ってやっていこうと思えたそんな本だった。

  • とても読みやすく、著者や熊本に親近感を持てた。蒲島知事の業績がさらっと書かれているけど、すごくすごく努力された跡が見え隠れしました。
    熊本行きたい……!!

  • 非常に読みやすい、面白い、テンポが良い。

    はじめの方はくまモンを筆頭にしたくまもとサプライズについて。
    後半は蒲島さんの経歴について書かれています。

    彼のリーダー性や、懐の大きさはさすがにすごいな、と感じさせられちゃいます。わたしも熊本に行きたくなりました。特に阿蘇。笑

    蒲島さんの顔も好みだし、東大ってやっぱ面白い教授が行くんだな〜と思いました。

  • 地方自治に興味があることと私の出身地の知事の本ならよまねば!と思い手に取りました。
    当然のことかもしれないですが、こんなに県民のことを考えてくれているのか…と感謝の気持ちでいっぱいになりました。給料カットの話は初耳でとても驚きました。

  • くまモンのヒストリーはファンなら聞いたことのあるエピソードで、改めて知ることは少ない。
    どちらかというと知事の生い立ちや考え方や、在任中のイシューについてを知るための本。

    「皿を割れ」=皿を割ってもいいから洗い物をどんどんやれ。チャレンジをおそれるな。

  • 既成概念にとらわれない、失敗を恐れず思い切って皿を割れ、蒲島知事的リーダー論などなど、勉強になることばかりです。くまモンはその熊本イズムのスピリッツの象徴でもあるのですね。見習いたいです。

  • 蒲島知事のサクセスストーリーかなと思いきや、あのくまモンを一躍有名にした立役者だと唸るくらいのチャレンジスピリッツ満載です。蒲島知事やくまモン広報の方も含めてのくまモンだと思う一冊。

全20件中 1 - 10件を表示

蒲島郁夫の作品

私がくまモンの上司です――ゆるキャラを営業部長に抜擢した「皿を割れ」精神を本棚に登録しているひと

ツイートする