京都大学人気講義 サイエンスの発想法――化学と生物学が融合すればアイデアがどんどん湧いてくる

著者 :
  • 祥伝社
3.54
  • (9)
  • (27)
  • (28)
  • (2)
  • (3)
  • 本棚登録 :287
  • レビュー :31
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396614911

作品紹介・あらすじ

サイエンス的発想法は化学式を知らなくても学べる

本書は京都大学上杉志成(もとなり)教授による「生命の化学」の講義の一部を抜粋して書籍化したものです。
この講義では生物学と化学の両方を題材にして、「アイデアを出す力」を養います。
先人科学者たちの例にヒントを得ながら、いろいろな方向からモノを見て、自分でいろいろなアイデアを考えてみる練習をしましょう。
その体験の中から「科学」とは何か、ノーベル賞級の発明・発見はいかに生まれるのか、といったわくわくするサイエンスの世界が見えてきます。
なお本書の元になった講義が、ハーバードやMITによって設立された国際オンライン教育機関「edX(エデックス)」によるネット配信で、2014年4月から開始されました。
これは日本の大学から初めて参加する講義になります。
世界に配信される日本最高の化学の授業をやさしく読める一冊です。

本書の内容から
・化合物の研究は「メルモちゃんのキャンディー」を考えること
・私たちがエッチなのは遺伝子のせい
・化合物にもある「LOVE」と「LIKE」
・から揚げを作るようにDNAを作る
・20世紀最大のアイデアPCRとは
・目的を逆にして生まれた「組み合わせ化学」
・「タミフル」は「リレンザ」の模倣薬だった

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 京大理系1,2年の人気講義。著者は化学系で扱っている話題もそうなのだが、内容は化学以外の自然科学一般、エンジニアリング、ビジネスに適用可能だ。よくある発想法の本であるような発送テクニック(ブレストとか)ではなく、個人的な経験や観察、学んだことを組み合わせて、説得力をもってチームのなかで個性を発揮するためにヒントとなる実例が多く述べられている。具体的な、すぐに使えるテクニックではなく、実例からヒントをつかむこと、自分のなかにあるモノ(体験、知識など)から新しい物が生まれること、をはっきりと示しているのが良い。

  • うーん…SCAMPER発想法、遺伝子が生物をつくる、腰のくびれに惹かれる理由、など興味深い箇所はあるけど、化学式にはついていけず。

  • 「わかっていないこと」を観察し、アイデアを出して実行し、生産する---大学や企業での研究に必要な、アイデアを出す力を養成する方法について、生物学と化学を題材に説く京大の人気講義。飛ばし読みでも役立ちます。

  • 6/30 ブックトーク のりまきさんより、Sさんへプレゼント本

    ラッピングワード「先の例でもみられるように、驚き方には2つあります。」p34

  • 前半は、論理的にアイディアを出す方法と考え方で好き系だったが、その実践事例が全て生物学的なもので、興味や基礎知識がないと辛い。
    大学の講義だから仕方ないが。
    それでも、「科学に興味を持つきっかけになった言葉や経験」は面白い。

    ①アイディアを出すために必要なことは?
    ②どうトレーニングできる?

    〈成功の鍵〉
    ユニークさとサイエンス力
    →サイエンス力は客観性が必要。サイエンス力はゼネラリストに必要。

    〈LOVEとLIKEの違い〉
    LOVEは異質なものに惹かれること。LIKEは同類に惹かれること。

    〈SCAMPER法〉
    S:substitute(取り替える)
    C:combine(組み合わせる)
    A:adapt(適合する)
    M:modify,magnify,minify(変化させる、拡大する、縮小する)
    P:put to other use(他に利用する)
    E:eliminate(除く)
    R:reverse,rearrenge(逆にする、順番を変える)
    これは、クリエイティビティを鍛える時に使えそう。

  • 京大の人気講義を一般の方向けにまとめた本。科学の専門部分については、かなり噛み砕いているようですが、メインテーマの「サイエンスの発想法」の部分はかなり面白かった。
    アイデアの出し方、考えるときに大切にすべきこと…。なるほど確かに、と思うこともあれば、意外な発見!と思うこともあり。あらゆるページにマーカーをひきたくなりました。
    こういう講義、大学生のときに受けてみたかったです。

    研究職でなくて、どんな職種の人でも、「アイデアの出し方論」みたいな感じで読めると思います。

  • 具体例の上げ方が、名人芸。

  • 自分の頭で考える。
    scamperによる過去の事例の解説があったが、アイデアを思いついた人がそのことを強く念頭に置いていたわけではないので注意が必要。

    身近な出来事に対する感受性を失ってはならない。忙しいと忘れがちなので、すごく腑に落ちた。

  • 恋も歴史も化学で説明できる。いや、できる!

    そんな熱い先生による化学から科学までの水先案内が充実。毎回、社会的課題に対する解決方法が宿題とだされ、紹介される学生のアイデアにも感心させられることしき り。 これから専門教育を目指すひとには必ず有効な一冊だと思う。

全31件中 1 - 10件を表示

京都大学人気講義 サイエンスの発想法――化学と生物学が融合すればアイデアがどんどん湧いてくるのその他の作品

上杉志成の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
シーナ・アイエン...
三浦 しをん
佐々木 圭一
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

京都大学人気講義 サイエンスの発想法――化学と生物学が融合すればアイデアがどんどん湧いてくるはこんな本です

京都大学人気講義 サイエンスの発想法――化学と生物学が融合すればアイデアがどんどん湧いてくるを本棚に登録しているひと

ツイートする