やりたいことがさくっと実現する インバスケット的「根回し」仕事術

著者 : 鳥原隆志
  • 祥伝社 (2014年8月1日発売)
3.10
  • (3)
  • (4)
  • (9)
  • (2)
  • (3)
  • 本棚登録 :77
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396614966

やりたいことがさくっと実現する インバスケット的「根回し」仕事術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • <メモ>
    ・根回し=利害関係者が誰かを捉え、あらかじめ協力を取り付けたり、説得、納得してもらう行動。
    ・根回しの目的は、「味方をいかに増やすか」ということ。
    ・緊急ではないが大事な仕事について障害が起きないように根回ししておく。

    ・根回しの前に信頼関係を築くこと。
    ・相手の立場に立ち、相手ならどう思うか、事情を考えて話をすること。時間を取ってもらうことに感謝すること。
    ・一斉でなく個別連絡し、真剣さを伝えること。
    ・明確な目的をもって根回しすること。他者の意見とギャップが多く出ないよう、最初から詳細は決めない。
    ・目的が明確になったら根回しの目標を決める。できれば数値が望ましい。

    ・衝突回避のため、事前に相手の考え方、仕事の進め方、価値観などを捉えること。
    ・根回しの順番は、キーパーソン、利害関係者、重要度と緊急度で判断する。誰が不利益を被るかを考える。
    ・衝撃の緩和剤として「一報」を入れる。「実は…」「報告しにくいのですが…」など前打ち的表現を使う。被害拡大防止のため、事態を周囲に言っておく。
    ・直接ダメなら仲のいい人に根回ししてもらう。
    ・決裁者=キーパーソンとは限らない。
    ・休むときは十分な周知と引き継ぎを。
    ・自分が休む前に、問合せがきそうな要件は相手に投げない。
    ・相手の事情を知っていることを告げてお願いする。妥協策を図る。
    ・上からの情報伝達に加え、横のネットワークも使う。
    ・相手と同じ土俵に立つため、相手を知っておく。「社長」などの権威や、「会社の方針」「お客様のため」などの大義名分を使う。
    ・苦手な相手の根回し
     1.相手が話を聞く相手に根回しを依頼する
     2.個別ではなく全員に一斉に根回しする
       事前に概要とお願いの意図を周知する
     3.味方を増やし相手を孤立させ受け入れさせる
       自分に反対させず、感謝のフォローを入れる
    ・自分と相手の事情を共有すること。×阿吽の呼吸
     相手の仕組み、勘所を知ること。
    ・「相手へのメリット」を強調する。
    ・FABEの技法(相手を説得させる)
     Feature(特徴)、Advantage(優位性)、Benefit(顧客にとっての利益)、Evidence(裏付けとなる証拠)
    ・会議の進行役に根回し。アジェンダ、資料の用意。
    ・上司を上手く活用。「課長が出ていただいた方が説得力があります」
    ・説得方法→利害、人間関係、規律やモラル、感情。
    ・自分の状態を周りに知らせる。メモ、予定の共有、資料の見える化
    ・チーム統制のため、リーダーは自分の判断を「伝える」ではなく「納得」させる。
     直接話す機会を設け、役割、期待していること理解させる。その上で、意見を聞く、「チームのために必要」などの大義名分を通す、目的ではなく手段を謝る、理念や考えを共有する、問いかけることで次の行動を察知させる
    ・お詫びは自分目線でなく、相手に与えた影響をお詫びする。
    ・根回しで大事なのは結論に至るまでの経緯、今後どうしたいかを伝えること。また、何をお願いしたいのかを伝えること。
    ・リスクを察知し専門家に根回しする。
     自分の考えと比較する時、問題点が見当たらない時も専門家の視点で相談する。
    ・影響力があり、自分との関係が低い相手にいかに反対されないようにするかがポイント。
    ・根回しをしないために、実績を上げる、信頼を得て周りから依存される。相手より優位に立つ。

  • 正論は通る?
    正論だからといって、必ず通るわけではない。立場の異なる人間からすると異論になるから。

    根回しは仕事ができない奴がすること?
    違う。成果を上げている人ほど根回しをしている。

    根回しの究極の目的は?
    味方をいかに増やすか。

    味方を作るという行動は上位職になるほど、難しい?
    Yes。利害関係の範囲が広くなる。個人から組織になる。部署外への根回しの比率が高くなる。根回し力がレベルアップして、「政治力」が必要になってくる。

    根回しは緊急時にすればいい?
    No。緊急ではないが大事な仕事に目配りして障害が起きないようにしておくことが、根回しの原則。

    信頼関係構築を喩えると?
    信頼は貯金箱に喩えることができる。
    貯金箱はほんのちょっとを積み重ねることで、大きな金額になる。信頼もほんのちょっとの積み重ねで太いものを築くことができる。
    しかし、異なる点がある。貯金箱は何もしなければ増減ないが、信頼は何もしないと減っていく。また、信頼を裏切る行為をすると、一気にマイナスになる。信頼は、通常通りにすれば溜まっていくもの。プラスαを付けることで、加速度がつく。プラスαとは、日ごろ話すことのない他部署の人と言葉を交わす、報告期限を1日早くクリアする。途中報告を1回多く入れるなど。

    根回しに必要な3つの誠実さとは?
    1.嘘が無い
    2.まじめ、真剣である
    3.相手の立場に立つことができる

    やってはいけない根回しとは?
    敵を潰すための根回し。つまり、嫉妬や妬み、利己主義などに根回しを使うこと。

    緊急事態が発生した時は?
    上司に一報を入れる。それが異常が起きていることを知らせる根回しになる。一報を入れるとは、詳細なものでなくていいから、今起きている事実を速報で伝える行動。

    悪い報告をする時のテクニックは?
    悪い用件を切り出す前に、前打ち的な表現を加える。
    「報告しにくいのですが、・・・・」
    このように言うと、相手も悪い用件を聞く態勢に入る。

    努力する方向が間違っていたら成果は上がらない。
    根回しは目標を達成するために、その前に存在する障害を取り除くという行動。直接のアプローチがダメなら間接的なアプローチに変える必要がある。

    新任で新しい職場に所属した時、キーパーソンが誰なのかを把握するためにはどうする?
    「困ったことがあれば誰に聞けばいいですか?」と尋ねて複数の方が教えてくれる方がキーパーソン。

    自分の休みの時間が奪われる原因は?
    自分が休む根回しができていないから。
    「休日なのでその日は休む」と周囲に知らせておくことが、休日をゆっくりとるための根回し。併せて、休日に自分がいなくても対応できるような態勢を作ることも重要。例えば、今抱えている案件を事前に同僚と共有しておくなど。つまり、しっかりと引き継ぎをしておくこと。
    また、メールや電話で相手に仕事を投げるタイミングを計算する。休日の前日に投げると、翌日に質問が来る可能性があるので、そのような日は避ける。
    さらに、メールの署名欄に定休日を書いておくことで、定休日に問い合わせをしてくる人が減る。

    相手には相手の事情があることを察する。
    相手の事情を考慮できていないと、せっかくの根回しも台無しになる。例えば、上司への根回しは、一緒にトイレに行くタイミングに行うなど。

    一言加えるだけで相手は少し変化する
    「週末で忙しいのは分かっているのだが」という一言をメールの文面に加えるだけで、依頼できる確率が上がる。

    相手が広範囲の場合は横の根回しを使う
    トップに伝えて情報を降ろすように頼んでも、コミュニケーション能力が弱い上司や指導力のない上司だと情報が下りない可能性がある。そこで、横の根回しを行う。
    周りを巻き込む根回し。「私もみんなに説明するけど、あなたも会った人に説明してくれない?」

    トラの威をかる
    相手に根回しができる土俵に立てないと、根回しをすることができない。同じ土俵に立つには?
    ①相手と同じ土俵に立てる権威を活用する
    「社長からこのような指示を受けています」
    ②大義名分を活用する
    「当社はお客様のために最善を尽くすのが使命ではないでしょうか。」

    根回しの目的
    相手の衝撃を和らげる

    直接的な根回しが通用しない人に対する間接的な根回しのポイントは?
    ①相手が話を聞く人に根回しを依頼する
    ②個別ではなく全員に一斉に根回しをする
    ③味方を増やし相手を孤立させ受け入れさせる

    根回しの基本は2人称。相手のメリットを強調する。
    自分へのメリットを強調すると、相手を説得することができない。

    p194まで読んだ

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:336||T
    資料ID:95150491

    常に先手を打ち自分のペースに持ち込む「根回し」という“戦略”は必要です。
    (生化学研究室 大塚正人先生推薦)

  • 根回しとは何かをわかりやすく説明してくれる本。私自身が、小説風のチャプターの主人公に似たタイプの人間なので非常に勉強になった。

  • B3

  • どんなことでも意見を通そうとすれば、事前に周りから固めて行かなければならない。なるほどねー。小説風味になっていたのがわかりやすかった。

  • ああ、想像力と共感力は鍛えるのがとても難しい。

  • 根回しとは、周りのひとに迷惑をかけないためのやさしさ

  • ポイントを説明してほしかったが、その期待に外れ、ストーリー仕立てとなっている。

全10件中 1 - 10件を表示

やりたいことがさくっと実現する インバスケット的「根回し」仕事術のその他の作品

鳥原隆志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

やりたいことがさくっと実現する インバスケット的「根回し」仕事術はこんな本です

やりたいことがさくっと実現する インバスケット的「根回し」仕事術を本棚に登録しているひと

ツイートする