「成長戦略」の罠

著者 :
  • 祥伝社
3.50
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396615000

作品紹介・あらすじ

雇用改革、混合診療、GPIF、国家戦略特区……政府が閣議決定した「成長戦略」には多彩な政策メニューが並ぶ。その効き目のほどは?
安倍晋三首相は「成長戦略で『岩盤規制』に穴を開ける」と明言した。だが「規制」は官僚の裁量権なのだから、簡単に「穴が開く」ことはない。元財務官僚で、官邸では規制緩和と公務員制度改革に携わった著者だからこそ、官僚の悪しき習性と欠陥を並べ立て、「成長戦略」の虚妄を暴きだす。前著『官愚の国』に続く問題作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 332.107||Ta

  • 高橋 洋一先生著

  • 債務残高対GDP比についての条件式。基礎的財政収支について、成長率が金利(国債金利)より高ければ多少の赤字でもよく、成長率と金利が等しければ均衡していること、成長率が金利より低ければ一定の黒字が必要になる。

    △(D/GDP)=PB/GDP-(g-r)×D/GDP

    D:公債残高
    GDP:名目GDP
    PB:基礎的財政収支
    g:名目成長率
    r:国債金利

  • 日本が官愚の国であることを、分かりやすい事例を交えながら説明し、日本経済が復活するための方策を提言している。
    しかし、官のみならず民も硬直し、前例主義に偏りすぎた、形式的な仕事をするだけの組織になってしまっているのではないかと感じている。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

高橋洋一(たかはし・よういち)嘉悦大学教授。1955(昭和30)年、東京都生まれ。東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。1980(昭和55)年に大蔵省(現・財務省)入省。大蔵省理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、内閣参事官等を歴任。小泉内閣・第一次安倍内閣ではブレーンとして活躍。「霞が関埋蔵金」の公表や「ふるさと納税」「ねんきん定期便」などの政策を提案・実現。主な著書に『さらば財務省! 』(講談社、第17回山本七平賞受賞)『戦後経済史は嘘ばかり』(PHP研究所)『マイナス金利の真相』(KADOKAWA)『日本を救う最強の経済論』(扶桑社)など多数。

「2018年 『愛国のリアリズムが日本を救う』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋洋一の作品

ツイートする