世界から戦争がなくならない本当の理由

著者 :
  • 祥伝社
3.70
  • (16)
  • (17)
  • (17)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 199
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396615345

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 単なる戦争だけの問題に留まらず、民族や宗教、地政学に基づいて今の世の中のニュースがひとつに繋がっていく。

  • 理由は、「歴史を知らないから」
    教えてくれる歴史は、知っているもの、知らないものがありました。
    ポルポトって凄いワルモノだったんですね。

  • 自分が世界についてなにも知らない、知らなすぎる、ということを強く実感させてくれた本。これからはもっと世界情勢について関心をもって、自分の頭で考えられるようになりたいと思った。歴史から学んで、世界が正しい選択をし、平和に近づきますように、、、

  • 122頁:グァンタナモ基地
    ★ウィキペディア:「グァンタナモ米軍基地(グァンタナモべいぐんきち、Guantanamo Bay Naval Base)は、キューバ東南部のグァンタナモ湾に位置するアメリカ海軍の基地である。……2002年から、基地内にはアフガニスタンやイラクで拘束した人物を収容するグアンタナモ湾収容キャンプが設けられている。」
     「グァンタナモ」と「グアンタナモ」の混在。
    ・「グァンタナモ」と「グアンタナモ」を発音し分けるのは難しいけれど,スペイン語を日本語表記するのであれば,大きな「ア」字を用いる方がいいと思う。というか,「ドン・フアン」(Don Juan)を「ドン・ファン」と表記する誤りの一種だと思う。

  • ソ連は二度と周辺国から侵略をうけないようにするには国境の外に緩衝地帯をつくらなければならないと館gなえた。
    現在の韓国人は半日をやめると自分たちのアイデンティティがなくなってしまう。

  • 結局本当の理由はよく判らなかった。どうやら、一つとかそういうことではないらしい。
    が、先の大戦の戦勝国が結局ろくなことやってねえことはよく判る。きちんと反省もしてないのが問題なのもそうなんだろう。
    若干、歴史観が異なることもあるせいかしっくりこない。
    もともと嫌いだしな、この人。
    やっぱり辛坊治郎さんの方が面白い。

  • 第2次世界大戦から、ベトナム戦争、湾岸戦争、アフガニスタン戦争、イラク戦争、中東戦争などなど、第2次世界大戦以降の戦争をひと通りざっくり理解できる内容です。

    ヒトラーも正当な選挙により選ばれ、国民の期待に答える形でホロコーストを行った。

    “本当に怖いのは異常な独裁者ではなく、それを支える国民の熱狂"

    歴史から学べることはまだまだあるんだろうな。

  •  今にも目の前の平和(果たして平和なのかどうか?)が壊れていきそうな、そんな感覚に襲われました。今の私の生活など、世界的に見ればかなり非常識で甘ったれた現実だとさえ思えます。
     本書に記述のある表現に近い言い方をするならば、「知らねばならぬ。そして考えよ。決して忘れてはならぬ。」といったところでしょうか。世界中にどのような感情が渦巻いているのかと考えると、ただただ悲しく、腹立たしくなってしまう(自分自身に対しても)のですが、それだけでは駄目なのだと思い知らされました。

  • 最初のアフガンへのイギリス介入や、ヒトラー・ナチスの躍進など、事実を端折って書きすぎ。論旨の筋が分かりやすくするためだろうが、都合のいいように歴史事実を切り貼りするのは、批判しているメディアと大して変わらないのでないか。

全28件中 1 - 10件を表示

プロフィール

池上 彰(いけがみ あきら)
1950年、長野県生まれのジャーナリスト。東京工業大学特命教授、京都造形芸術大学客員教授、名城大学教授、信州大学・愛知学院大学特任教授、特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会理事を兼任する。
慶應義塾大学経済学部卒業後、1973年から2005年までNHKで記者として勤める。以降、フリーランスのジャーナリストとして活動。ニュース番組で人気になった。2012年から2016年までは東京工業大学リベラルアーツセンター専任教授を勤め、定年退職後も学生教育に関わっている。

池上彰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
北野 武
西 加奈子
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

世界から戦争がなくならない本当の理由を本棚に登録しているひと

ツイートする