灘高→東大合格率ナンバーワン 伝説の入江塾は、何を教えたか

著者 :
  • 祥伝社
3.40
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396615451

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 先日、昔ここに通っていたという人と会食。すごいスパルタで、誰でも入れるが、ほとんど辞めてしまって最後まで残れる子どもは少なかったらしい。

    「人間七分、学力三分」の思想で、人間力を鍛えるということが主眼だったとのこと。

  • 今この時代にこういう本を出版する意図がよくわからない。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

慶應義塾大学メディアセンター本部
電子情報環境担当課長。
1955年新潟県生まれ。東京理科大学理学部卒。
1997年慶應義塾大学入職、三田メディアセンター配属。
デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構、次期システム開発室を経て現職。
著作に『MLA連携の現状・課題・将来』(勉誠出版、2010、共著)、『ブラジル日本移民──百年の軌跡』(明石書店、2010、共著)など。

「2011年 『【電子書籍版】ず・ぼん17-7 学術書電子化プロジェクト』 で使われていた紹介文から引用しています。」

灘高→東大合格率ナンバーワン 伝説の入江塾は、何を教えたかのその他の作品

入江伸の作品

ツイートする