仕事に効く教養としての「世界史」II 戦争と宗教と、そして21世紀はどこへ向かうのか?

著者 :
  • 祥伝社
3.81
  • (15)
  • (16)
  • (13)
  • (1)
  • (3)
本棚登録 : 259
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396615772

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者の世界史本の良いところは、俯瞰された歴史観で語られる点。細部に突っ込み過ぎず、ポイントを押さえながら流れを重視した説明と、所々挟む興味深いエピソードなどは、歴史に詳しくない人の頭にも入りやすい。イスラム諸帝国の発展史や、近代ヨーロッパの覇権争いといった整理し辛い箇所などは特に腕の見せどころ。今回追加された南アメリカとアフリカの通史については、ユーラシアの記述に比べるとダイジェスト風で、質量的に脇役感は否めなかった。

  • アフリカやラテンアメリカの歴史は、知らないことばかりなので、良い勉強になると思う。
    この本を読むに、国の安定は、中間層の育成と人口になるのかなと。
    これからの日本は、対策しないと、本当にダメになりそうだと感じる。

  • 著者は歴史家として素人と仰ってますが、これだけの内容を歴史順に並べて、自身の歴史的なストーリーも交えて書くことは、高い知性というかもうプロフェッショナルとしか言いようがないです。
    前作に続き読み応えありますが、何故か引き込まれるように全部読みたくなる作品です

  • 世界史や現代史から外れた国や地域を扱う。
    特にアフリカやラテンアメリカについて勉強し始めるきっかけにはいい書である。
    歴史を踏まえて、現代を論じ、将来を推測することの大切さがわかる。

  • 明日、新しい時代である「令和」を迎えるにあたり、部屋の片隅に読みかけとして置かれていた本を一斉に整理することにしました。恐らく読み終えたら、面白いポイントが多く見つかると思いますが、現在読んでいる本も多くある中で、このような決断を致しました。

    星一つとしているのは、私が読了できなかったという目印であり、内容とは関係ないことをお断りしておきます。令和のどこかで再会できることを祈念しつつ、この本を登録させていただきます。

    平成31年4月30日(平成大晦日)作成

  • 前著が好評で「ぜひ続編を」という要望にこたえたもの。

    出口さんの歴史本はとてもわかりやすく面白いです。
    今後もⅢ、Ⅳ…と出してほしいです。

    この本はまたあらためて読み返したいと思いました。
    また、あとがきを読んで、表にはでてこない優秀なスタッフの力があればこそ、と思いました。

    中間層を育てる。

  •  詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=13573

  • 相変わらず分かりやすい。世界史素人の自分にも、なるほどなぁ、と興味深く読めた。このような自分にも分かるように書けるのは、バックに計り知れない質と量の知性があるからだと思う。 特に最終章は、突飛なことではなく、事実を淡々と積み上がればこうなる、と落ち着いた知性を感じた。 自分も、少しでも「骨太の知性」を身につけたい。

  • 歴史の本を多く読むようになったのも、古典を読むようになったのも、最初に出口さんにアリストテレスのニコマコス倫理学をすすめてもらったことによってだった。

    4年前の当時は半年かけて半分しか読めず断念したが、
    それからも絶えず岩波文庫にはチャレンジをし続け、今は日に2冊を読むようになった。

    歴史の本も最初は読み込みにくかったが、繰り返し様々な本を読むことで、理解が進むようになった。

    そうして今思うことは、世界にはまだまだ知らないことがたくさんあり、知れば知るほどもっと知りたいと益々ワクワクするということだ。

    未知の知。
    無知から未知へ。

    知らないことはなくなることはないが、
    何も学ばなければ未来永劫無知のままだ。

    学ぶことで無知は未知となり、
    世界は益々深く拡がり面白くなる。

    それが読書だ。

  • イスラムとアフリカ、Ⅰでなかったところが大体これでそろう感じ。どちらかというと仕事に直接聞いてくるのはⅠのほう。でも、面白かったからよし。

全26件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1948年、三重県生まれ。立命館アジア太平洋大学(APU)学長。ライフネット生命保険株式会社創業者。京都大学法学部を卒業後、72年、日本生命保険相互会社入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当。生命保険協会の初代財務企画専門委員会委員長として金融制度改革・保険業法の改正に従事。ロンドン現地法人社長、国際業務部長等を経て同社を退職。その後、東京大学総長室アドバイザー、早稲田大学大学院講師等を務める。08年にライフネット生命を開業、12年東証マザーズ上場。18年より現職。

「2019年 『本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

仕事に効く教養としての「世界史」II 戦争と宗教と、そして21世紀はどこへ向かうのか?のその他の作品

出口治明の作品

仕事に効く教養としての「世界史」II 戦争と宗教と、そして21世紀はどこへ向かうのか?を本棚に登録しているひと

ツイートする