日本史の謎は地政学で解ける

著者 :
  • 祥伝社
3.89
  • (2)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :37
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396616311

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世界史を勉強しだしてから地政学に興味を持つようになりました。
    その後世界史を地政学から見た本を読みはじめて思ったのが「日本史を地政学でみた本があれば読みたい」

    そこで見つけたのがこの本でした。
    この本を読むと、神武天皇の東征ルートの謎や、なぜ大陸から離れている畿内で日本が発展したのか、天智天皇が白村江の戦を決断した理由、そして近江に都を遷都した理由、国風文化が発展した理由、アメリカのペリーがイギリスが清にやったような無茶をしなかった理由、征韓論が登場した理由などがわかります。

    そして、それぞれの国々の地図上の位置だけでなく、その当時の気候や海流などを知った上で歴史を見ると、こうも目からうろこの事実がわかってくるのかと驚きです。

    平安時代の国風文化と大陸で騎馬民族が元気だったことが実は密接に関係があったなんてびっくりでした。

    以下ネタバレですが、日本という国の特徴がまとめられていました。

    1.外国軍が日本の本土を占領するのは至難だった
    2.日本の重点は西から東にうつっていった
    3.気候変動によって東西の力関係は左右された
    4.徳川幕府は、海を押さえられて衰退した
    5.日本の半島進出は、地政学上のセオリーだった

    これを押さえたうえで、最終節の「中国・朝鮮とロシア」を読むと今の日本のすべきこともよくわかります。
    在日米軍撤退なんてうかつに言えなくなると思う。

  • 中には、ちょっと深読みし過ぎでは? と感じる考察もあり(特に古墳時代とかは著者が主張するほどには日本の全体像は把握されていなかったと思うし、気候変動もそれほど短いスパンで影響を及ぼしたとは考えにくい)、また全体的に右寄りの論調が若干気になったりはしたが、総じて、なるほど軍事・戦略マニアの視点から歴史を捉えるとこうなるんだな、と勉強になった。
    農業の普及と個人主義との関係、といった仮説等も興味深い。

  • 日本の文化は西→東へと進んできたのも気候の影響、外国から攻め込まれるのも北海道と九州というのも地政学的影響である。歴史上の出来事も地政学的要因から必然としておこった因果律である。モノの流れも瀬戸内ルートが伝えやすかったから東海道、太平洋側が繁栄した。これから歴史も地政学的観点から考えていきたい。

  • 歴史を地理などの視点で見ると、また違った見え方ができるというのは、最近興味を持っている点であるが、本書は、世界的な気候変動と日本周辺の海流や偏西風という、大きな視点も加えて論じているところが特徴。


    ▼日本の気候変更
    ・飛鳥・奈良時代に続き、桓武天皇が平安京に遷都した前後も寒冷化傾向にあった
    ・平安後期から温暖期に入り、にわかに東国が活気づく。この傾向は十三世紀中頃まで続く
    ・鎌倉後期から、また寒冷化傾向が強まり、西国の勢いが増していく
    ・徳川幕府の時代が始まると、強い寒冷期に入り、東国、とくに東北は厳しいダメージを受けた。

    ▼狭い日本を人口大国に、そして近代強国にまでしてくれた独特の水稲作は、日本人から「個人の自我」を奪った。
    ・傾斜地特有の「重力灌漑」に依存→分割不可能な水利系と自作農家が運命共同体になる
    ・個人の自我は、家でも国家でもなく、水利共同体、すなわち「字」に預けられた
    ・ほとんどの日本人がいまでも村的集団への同調圧力に逆らえないのは、このためだ


    <目次>
    序章 西から東へ
    1章 せめぎあう西と東―なぜ、そこに日本の中心が置かれたか?
    2章 日本の成立―西と東はどうやって統一されたか?
    3章 日本外交の採るべき道―国防の必須条件

全5件中 1 - 5件を表示

兵頭二十八の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フィル・ナイト
恩田 陸
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

日本史の謎は地政学で解けるはこんな本です

ツイートする