3男1女東大理Ⅲ合格! 教えて!佐藤ママ 18歳までに親がやるべきこと (単行本)

著者 :
  • 祥伝社
3.15
  • (3)
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 90
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396616984

作品紹介・あらすじ

3男1女東大理Ⅲ合格! 教えて!佐藤ママ 18歳までに親がやるべきこと

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 親からの質疑応答集で、子どもの年齢別に書いてあってとてもわかりやすい。
    親は子どものサポート役を徹底し、子供の成績が下がったり何か失敗した時に、子どもを責めるのではなく、サポートをした親としてやり方が悪かったのではないか、改善点はないか、と考え方をシフトする、というのが、なるほど、と思いました。
    また何をするにも子どもの笑顔が判断基準で、何事もみんなで楽しく頑張る、のが親も一緒に楽しめる秘訣だなと感じました。

  • 成り行きに任せず、準備を整えて迎え討つ 
    (自由研究などは5月くらいから考える)
    18までの人生は見通しが立っているから、段取りをする。
    ママは家の環境、家の文化
    子供の笑顔が基準。笑顔が消えたらやり方を変える
    自分のために時間を使おうとしたら子どもを邪魔と思ってしまうから、自分の時間を持とうとしない。
    子どもは親の時間を食べて大きくなる

  • 佐藤ママの言葉がイタ気持ち良い本です(笑)。

    親たちの相談に答えてくれる形式なのですが

    「自分の時間とのバランスの取り方を教えてください」という相談には「自分のことを最優先に考えすぎ


    「娘の習い事のピアノの上達が遅い」には「私なら先生をかえますね」など。

    親にとっては耳が痛い内容もあるかもしれませんが、よくぞはっきり言ってくれた!と爽快感すらあるお答えもありました。

    18歳までの子どもをカバーする内容ですが、小さい子どもを育てている方向けの内容も多いので、あらゆる年齢の子どもを育てている方におすすめです。

  • 0才から18歳まで、その年に応じての悩みにQ&Aで答えてくれます

    親の軸がぶれないことや、自分を犠牲にする覚悟が必要だと感じます

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

大分県出身。津田塾大学卒業。大分県内の私立高校で英語教師として勤務。結婚後、夫の勤務先の奈良県に移り、専業主婦に。長男、次男、三男、長女の4人の子どもを育てる。長男、次男、三男は灘中学・高等学校を経て、東京大学理科三類に進学。長女は洛南中学・高等学校を経て東京大学理科三類に進学。現在、長男と次男、三男は医師として活躍。長女は東京大学医学部の学生。その育児法、教育法に注目が集まり、進学塾の浜学園のアドバイザーをつとめながら、子育てや勉強、受験をテーマに全国で講演を行う。
著書に『受験は母親が9割 灘→東大理Ⅲに3兄弟が合格!』『佐藤ママの子育てバイブル』(いずれも朝日新聞出版)『頭のいい子に育てる3歳までにぜったいやるべき幼児教育』(東洋経済新報社)ほか。

「2021年 『我が家はこうして読解力をつけました』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤亮子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×