50過ぎたら、暮らしは単純、気持ちは豊かに (単行本)

著者 :
  • 祥伝社
2.27
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 59
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396617059

作品紹介・あらすじ

*****16万部突破の人気シリーズ、待望の第6弾! *****

わずらわしいことの多い現代だから、
50過ぎたら全部単純化!

「50過ぎたらシリーズ」最新刊!
今回のテーマはズバリ単純化です。
掃除のカリスマ・整理整頓のプロである著者が、
人生丸ごと綺麗さっぱりさせるコツをお伝えします!

つい増えてしまうモノ、面倒くさい家事、
気の進まない人間関係、不安の絶えないお金、
気疲れしてしまう心……
複雑だと思い込んでいたものをすべて単純化してしまえば、
人生が一気に身軽になります!

背負いこんでいたものを下ろすことで、
自分にとって大切なものだけが浮きぼりになってくる、
人生はもっと単純にラクに生きていいんだと気づかせてくれる一冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 未来のために。「低きに暮らし、高きを想う」日常小物を吟味し、身軽に生きたいですね〜。

  • 【50過ぎたらシリーズ】の第6弾。
    生活を単純にするには?というテーマで書かれています。

    読んでいて共感できたのは、過去や未来に囚われ過ぎず今を生きる事が大切である事。これは言う程簡単にできない事だけど、心がけたい事です。
    あとはくらべないこと。自分の軸をもって物事や人と関われば振り回される事が減ります。

    当たり前のことが多いけど実践は難しいことが多いです。目新しいことがないから退屈に思えてしまう本かもしれません。第6弾にもなるので以前のものに比べると精度が…と思ってしまいました。

  • すべて正しいことが書いてありますがふわっとした話であまり心に残るものがなく。

  • 50過ぎてないけど読んでみた。私もこういう生活が理想だと思う。物に煩わされることなく、好きなものだけに囲まれて、単純に暮らしたい。…で、だからどうしたらいい?という部分が足りなくてガッカリ。北大路公子さんが何かのエッセイで書いてた「冷蔵庫に象を入れる方法」みたい。入れ方を教えてほしかった…。

  • 図書館で目につき、50歳はまださきだけど断捨離の参考になるかなと人生の先取り気分で読んでみた。
    著者の生き方がぎゅーーっと詰まり過ぎてて、ひとつひとつはあっさり。具体的な解説ではなく思想の紹介。
    参考になる部分はなかったかなー。

  • 沖幸子 著「50過ぎたら、暮らしは単純、気持ちは豊かに」、2019.11発行。さらっと一読しました。内容にキレがないといいますか、当たり前なことばかりで、うん、うん、それでって感じで終わりました。失礼しました。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

沖 幸子 (おき さちこ)
兵庫県生まれ。生活評論家。家事サポートサービス「フラオ グルッペ」代表。大学客員教授(起業論)や経済産業省、厚生労働省などの政府審議会委員も務める。
神戸大学卒業後、ANA、洗剤メーカーを経て、ドイツ、イギリス、オランダで生活マーケティングを学び、グローバルな視点を持つ暮らしのデザイナー・女性起業家として、テレビ・ラジオ・雑誌などで活躍中。
「そうじのカリスマ」として知られ、家事・暮らしが楽しくなる数々のエッセイや評論は「沖マジック」として話題に。
著書は『ドイツ流 掃除の賢人』(光文社)、『50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算』(祥伝社)など10 万部を超えるベストセラーが多数。

「2022年 『70からはメリハリ元気で自然な暮らし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

沖幸子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×