その後のシンデレラ

著者 : 清水義範
  • 祥伝社 (1998年9月発売)
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (14)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396631321

その後のシンデレラの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ふっと笑えました。
    妙に説得力があるというか。
    一番好きなのはやっぱりジャックと豆の木のその後ですね。

  • 図書館で借りた本。くすくす笑いながら読めました。

  • 2005.11.30
    童話のその後を考えるとどうしてひねくれたその後になってしまうんだろうか・・・

  • 図書館でふとみつけ、読んで爆笑しました。
    その後のシンデレラの他にもハイジ、はだかの王様なのがあります。

  • <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396631324/yorimichikan-22" target="_blank"><img src="http://images.amazon.com/images/P/4396631324.09._SCMZZZZZZZ_.jpg" class="booklog-imgsrc" style="border:0px; width:100px"></a>
    <br clear="left">
     <b>シンデレラは最後に王子さまと結婚する。
     しかし、それで終わらないのが人生である。
     シンデレラは、心やさしく、頭もよく、美しい。
     それは確かにその通りである。しかし王子さまのほうはどうか・・・・・。
     はたまた、年頃になった赤ずきんちゃんやアリスの運命は?
     人間ピノッキオの学校の成績は?
     王様に裸の服を着せた二人組みの次の<ruby>仕事<rp>(</rp><rt>ヤマ</rt><rp>)</rp></ruby>は?etc.
     ――おなじみ名作童話の意外な後日譚を描く表題作をはじめ、
     人間生活の不可解、可笑しみ、哀しさを奇想で抉る痛快シミズ・ワールド。
     機知満載の最新抱腹小説集!</b>               (帯より)

    表題作のほか、喧嘩の畦道・全面対決・王様の耳・豆腐の角・
    ムカつく季節・回覧版・エッシャーの父


    童話のパロディはときどき見るが、後日譚はあまり見かけないような気がする。
    そんなところに目をつけた著者の慧眼、というか、主人公たちのその後が見えてしまって なんともやりきれない心持ちで苦笑している著者の姿が目に浮かぶようである。
    他の作品は表題作とは少し毛色が違うが、人間が生活していく上で避けては通れないあれこれが、ときにあたたかく、またときには皮肉をこめて描かれていて妙に納得させられるのである。

全5件中 1 - 5件を表示

その後のシンデレラのその他の作品

清水義範の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

その後のシンデレラはこんな本です

ツイートする