大東京三十五区 冥都七事件

著者 :
  • 祥伝社
3.28
  • (6)
  • (8)
  • (41)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :94
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396631840

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (収録作品)「品川」老松ヲ揉ムル按摩/「大崎」天狗礫、雨リ来ル/「三ノ輪」暗夜ニ咽ブ祟リ石/「向島」花ノ堤ノ迷途ニテ/「根岸」橋ヲ墜セル小サ子/「飛鳥山」偽電車、イザ参ル/「日比谷」天ニ凶、寿グベシ

  • 時代がかったトンチ小話集の趣。安楽椅子探偵の大家さんの下に店子の書生さんが持ち込むちょっとした事件の数々。最初文体がとっつきにくいかと思われたが、読み進むうちにリズミカルな文体にむしろページが進んだ。小説を読んでいるというよりはむしろ講談を聴いている感覚に近い。明治時代の世風を反映した背景描写が勉強になった。1話ずつはライト感覚で物足りない向きもあったけど、連作集としては面白く読めた。

  • 奇々怪々な事件の数々を、少々リズムのつかみにくい講談調の文章でつづっているため、はまれば癖になりそうな魅力があると感じた。どうしても文章の特徴ばかり目についてしまうが、事件自体の謎は意外とあっさりさっぱりで、それでいて洒落た味わいがある、何とも不思議な小説。

  • 文章に、慣れなくて、時間がかかってしまいました。しかし、雰囲気のある、小説でした。。ほのり不思議で切ない。

  • 講談調のテンポで進む帝都の謎解き話。
    色々と残念な書生の阿閉氏が最後の最後に家主の秘密を暴いてばらばらだった事件が繋がるところは意外だった。
    終わり方がまた不思議で間直瀬氏がどうなったのか気になる。

  • レトロで奇怪な事件の短編集。ちょっと特異な文体が慣れないと読みにくいけれども、それもまた味わいの一環。
    お気に入りは「天ニ凶、寿グベシ」。この「凶の字」のトリック、というか謎の解明が一番のインパクトだった。連作としてのオチもあり、やっぱりこの一作かな。

  • レビューを読んで、これは絶対私の好みだっ!……と思っていたのですが、あれー?というのが正直な感想。
    うーん、古き良き時代の文章や、テンポのいい講談のような語り口とか、絶対好きでもおかしくないのに、何だかどーも入り込めないんだよねー。
    で、途中でもうこれは駄目かも、断念するかもと思ったのですが、後半段々読みやすくなってきたのか、それとも私が慣れたのか(笑)
    最後の仕掛けは結構意外で、おお、と楽しく読めました。

    続きも気になるけど、最初の頃のしんどさがまたあったら…と思うと、二の足を踏む(爆)

  • なるほど・・・次が書きにくかった訳だ!〜血を吐く松・石雨れる家・夜泣きする石,迷路の人間消失・予言なす小さ子・消える電車・天に浮かぶ文字。首謀者は全て大家だった〜敵討ちの血を拭う振りをする目明きの按摩・海軍が研究していた気球が高度を上げるために落とした砂・三ノ輪で子殺しをする産婆と土に埋まった鐘・廃業する花魁・言い交わした女に会いたくないばかりに鉄板の橋を氷の堰で流した氷屋・王子電車の前に煙で造った幻灯を映す・不忍池の地図を見せておいて空を見せる・・・妖異は根岸に現れた「ハギワラ」だけだ。皇紀2600年を祝って大東京三十五區が誕生し,この題となり,大家は消えて・・・おしまい

  • <b>「大学で学問をやっとるくせに、まるでつぶしがきかん。いったい、この国は、どうなるのかの。儂はゆくすえが心配でならん。」</b><br>
    (P.47)

  • レトロ風味が良い感じ。凄い当時のこととか調べてるなと思います。凄。

全15件中 1 - 10件を表示

大東京三十五区 冥都七事件のその他の作品

物集高音の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
和田 竜
梨木 香歩
冲方 丁
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

大東京三十五区 冥都七事件はこんな本です

ツイートする