魔女の腕時計

著者 :
  • 祥伝社
3.23
  • (3)
  • (6)
  • (12)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 44
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396632182

作品紹介・あらすじ

泣いたり笑ったり、怒ったり、そして恋をしたり…人間ってなんて素敵なんでしょう-魔法が使えたらと願っていた少女のひと夏の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  人間に恋をしてしまった魔女「瑠香」。その人間との間に生まれた娘「未来」。幼い日に両親を亡くした未来は、引き取られた親戚の家で「魔法が使えたらいいのに、そうしたら、こんな家すぐにでも出るのに」と、いつも思っていたところ・・・という内容。
     これはまるで、そう、絵本を読んでいる感じ。というのがぴったりな作品だと思いました。人間として、何が大切か。人間として、どう生きるべきか。大人になった今、見失ってしまった大切なモノを思い出させてくれるような作品。暖かい気持ちになれます。

  • ちょっと関係ないんだけど、レビューネタバレしてますねって言われちゃった・・!!!
    ネタバレ内容含むチェックにチェックしてると思ってたけど(いつも勝手になってると思ってた)
    なってないこともあるのかな?
    数が多すぎてチェックするのがちょっと・・・・

    そもそも誰かに感想を伝えたいわけじゃないから非公開でもいいんだけど
    わたしがネタバレきらいだから気になってる本のレビューは読む前は見ないけど、
    なんとなくみたレビューで読もうと思うこともあるから
    わたしのレビューってわかってる人はネタバレもしてるし関係ないこと(こういうこと)書いてるのも承知の上だから~~と思ってたけど
    わたしのこと知らないでみちゃうひともいるわけだからね
    だからチェック入れてたのにな
    入ってないとか事故だよなああ・・・・・
    (反省はしてます)

    この本はなんだかふしぎな本だった
    作者も聞いたことないし
    腕をふるだけでなんでもできちゃう(どういう原理??)魔女と
    人間の青年が恋をして
    こどもとひきかえにふたりとも死んじゃって
    その娘がふたりの出会いやいろいろを白昼夢でみるって話だった

    びみょうに生々しい色っぽい描写がちょっとどきどき

  • 感情移入も出来ず、傍観するような感じでしか読めませんでした…。

  • 感情ってきっととても大切なもの。

  • ぶっちゃけ、すごい面白くなかった…。
    読みきるのが辛かったもの。
    まず方向性がちっともわからない。
    主人公はひたすら夢を見ているだけだし。
    主人公の母親が魔女だったって話でファンタジーといえばファンタジーなんだけど
    世界設定が幼稚すぎる!笑えちゃうくらい。
    でもって母親のラブストーリーっちゃラブストーリーなんだけど
    これまたバカバカしいくらいに人の心の動きや情景描写が下手くそ。
    主人公の母親と父親が始めて結ばれた場面とか表現があほらしすぎる…。
    酷評ですが、本当にそんな感じでした。
    児童文学だからなのかなぁ。

  • 手を振るだけでありとあらゆるものが手に入る魔法使いは心を失った。
    喜び、悲しみ、その他種々様々な感情を持つ人間は魔法を失った。
    という話です。

    面白い世界観だと思います。
    真逆のように見せて、結局は同じだという対比が秀逸。

    文章の中で描かれる風景が綺麗でいいなぁ。
    中でも正子さんの家を映像で見てみたいです。

  • いやー切ないラブストーリーっすね。
    黒いベルトの腕時計、心
    7:20

  • むちゃくちゃありがちなはなし。
    だけどこころがあったかくなりました。
    ほわほわー。

  • 日常生活の中で、少女は魔法を知る

    この世界観が大好き
    不思議ながらも温かい物語

  • とりあえず、いい話でした。
    欲望って恐ろしいね。

    人間でよかった。
    でも、作中の魔女のような人間も現実にはいる。

全10件中 1 - 10件を表示

早坂真紀の作品

ツイートする