Friends

  • 115人登録
  • 3.17評価
    • (3)
    • (12)
    • (58)
    • (3)
    • (1)
  • 22レビュー
著者 : 安達千夏
  • 祥伝社 (2003年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396632298

Friendsの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あなたのとなりに好きな人、いますか?

    恋愛アンソロジー第二弾。
    9人の作家さんの作品が収録されています。

    友達以上恋人未満の関係だったり、恋なのかわからない関係だったり、いろいろと。
    恋ってタイミングだなぁなんて、しみじみ思いました。

  • 永遠のテーマでもある「男女の間に友情は成立するか」。
    片方が恋愛感情を抱いてしまった場合、一番残酷な関係になってしまう友達という関係は切ないのかも。

  • 男女間の友達以上恋人未満な関係がテーマの物語を求め、そういう話ばかりの本だと勝手に思って手に取ったから拍子抜け。
    一番好きなのは島村洋子さんの『KISS』かな。サイン会で彼女が主人公に反応しなくてよかった。あそこで主人公に声をかけてたら、全然違う話になってそうだし。後から彼女がテレビ番組で言う「すごくうれしかった」の一言が響いてくる。
    あとは、倉本由布さんの『恋愛小説を私に』。主人公が史紀に惹かれていく感覚がわかる気がする。でも終わり方が良かった。
    そして、私が求めてた感じとは違ったけど『彼女の躓き』は唯川さんさすが! 女の醜い部分を見事に書き出してくれて、結局誰も幸せになってないところとか、読んでて気持ちの良いものではないけど生々しくて好き。

  • 短編集。どの話も面白かった。
    前川麻子さんの「恋する、ふたり」、唯川恵さんの「彼女の躓き」なかなかです。

  • 9人の作家の短編集。
    どの作家にも初めての挑戦。

    島村さんと前川さんの作品が、
    かわいらしくてよかった。

    唯川さんのも怖いけどわりと好き。

  • ブックデザイン/鈴木成一デザイン室

  • <table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="center"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396332432/yorimichikan-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/510AB9HV7YL._SL160_.jpg" alt="Friends―恋愛アンソロジー (祥伝社文庫)" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/4396332432/yorimichikan-22" target="_blank">Friends―恋愛アンソロジー (祥伝社文庫)</a><br />(2005/08)<br />安達 千夏江國 香織<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396332432/yorimichikan-22/ref=nosim/" target="_blank">商品詳細を見る</a></td></tr></table>
    <blockquote><p><strong>いちばん近くの場所にいるのに、恋人にはなれない。そんな、友だち以上、恋人未満の男女関係のせつなさを、江國香織、谷村志穂、島村洋子ら9人の注目作家が描く。『LOVERS』に続く恋愛アンソロジー第二弾。</strong></p></blockquote>
    <blockquote><p>  江國香織  ザーサイの思い出

      谷村志穂  青い空のダイブ

      島村洋子  KISS

      下川香苗  迷い蝶

      前川麻子  恋する、ふたり

      安達千夏  鳥籠の戸は開いています

      倉本由布  恋愛小説を私に

      横森理香  Chocolate

      唯川恵  彼女の躓き</p></blockquote>
    恋愛の要素がまったく絡まないわけではないが、描かれているのは恋愛ではない。タイトルのとおり友だちであり、しかもその形はものすごくさまざまである。
    好みで言えば、「鳥籠の戸は開いています」のふたりの関係が好きかもしれない。そして「彼女の躓き」はいささか後味が悪かった。

  • 2007-7-21

  • おもしろいです。アンソロジーっていいなと思った。

  • どの話も素敵。友達以上恋人未満の切なさ。

全22件中 1 - 10件を表示

安達千夏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする