• Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396632519

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 伊坂幸太郎…「透明ポーラーベア」
    石田衣良……「魔法のボタン」
    市川拓司……「卒業写真」
    中田永一……「百瀬、こっち向いて」
    中村 航……「突き抜けろ」
    本多孝好……「Sidewalk Talk」

    「透明ポーラーベア」「魔法のボタン」が面白かった。

    「百瀬、こっち向いて」一度文庫で読んで面白くなった…けど
    この本で読んだら面白かった。
    あとから響いてくる感じかもね。

  • 伊坂さん目当てで図書館で借りました。
    伊坂さんのラブストーリーはとても、よかった。
    図書館に集まる姉の過去の男たち。ほんわかしたラブストーリーでした。

  • アンソロジー形式なので、当たり外れあり。
    「透明ポーラーベア」姉のキャラクターが強烈。登場しないのにこんなに魅力的って凄い。白クマへの、小さい子供みたいな愛情が感じられて、何だかほんわかした。
    「突き抜けろ」鍋をつつく感じとか、独特で日常的な描写が良かった。
    「卒業写真」ありがちでつまらない。
    「百瀬、こっちを向いて」ダブルデートの辺りの感情の振れ幅や、キャラの本性に関しては面白い。一風変わった作品だと思う。ゆったり話す彼が実によい。
    「Sidewalk Talk」香水、やられた。

  • 図書館の本棚をぼんやり眺めながら歩いていた時に、背表紙の「I LOVE YOU」という装飾に惹かれて、手に取った作品。

    本多孝好氏の「Sidewalk Talk」が一番のお気に入り。
    石田衣良氏の短編小説「スローグッドバイ」の表題作を思い出させる。

    タイトルの意味が分かった時に思わずため息が出た。
    東野圭吾氏の「秘密」を読んだ時のように。

    ある関係が終わってしまうその時間、言いたいことがたくさんあるはずなのに、大事な時だと頭では分かっているのに、心に浮かんだ言葉が喉に詰まって窒息しそうになる。でも、救いの予感も感じさせる。そんな瞬間を鮮やかに切り抜いた作品。

  • 男の人が書く恋愛短編集ってまた違う感じでいいよね。
    それぞれの作家さんの個性が出ている感じだった。
    お気に入りは「百瀬、こっちを向いて」
    中田さんって著者の中で唯一知らない人だったのだけど(笑)
    素敵な話でした。

  • 伊坂読了

  • (2017/9/29読了)
    伊坂さんで検索して借りた本。この本は読んでないけど、もしかしたら他の短編集やアンソロジーで読んでいるかも知らないけど、読んでは忘れるタイプなので。
    その作家さん自身の本は読んでない作家さんが半分。
    最初が良すぎたからか、主人公と年代が違うからか、今ひとつ入り込めない、どこか薄さ、軽さを感じてしまう。
    短い物語で、最後に読者を納得させ、腑に落ちさせてくれるのは難しいのだろうなあ。さすが伊坂さん!
    全て好みの問題だろうけど。

    (内容)
    恋愛には物語がある。様々な断片から生まれるストーリーを、石田衣良、市川拓司、中村航ら、現在最も注目を集める6人の男性作家たちが紡ぐ。オール書き下ろし、至高の恋愛アンソロジー。

    (目次)
    伊坂幸太郎 透明ポーラーベア (変人の姉・元恋人)
    石田衣良 魔法のボタン (幼稚園からの友人)
    市川拓司 卒業写真 (9年ぶりの再会)
    中田永一 百瀬、こっちを向いて (先輩の二番目の彼女
    中村 航 突き抜けろ (計画的な恋愛・友人と先輩)
    本多孝好 Sidewalk Talk (離婚する?男女)

  • アンソロジー。

    伊坂幸太郎 *「透明ポーラーベア」
    石田衣良 *「魔法のボタン」
    市川拓司 *「卒業写真」
    中田永一 *「百瀬、こっちを向いて」
    中村航 *「突き抜けろ」
    本多孝好 *「Sidewalk talk」

    Book Design *鈴木成一デザイン室

    あまりアンソロジーって手に取らない。
    装丁と本多孝好さんの作品を読み返したい気持ちになっていた為。

    再読になった「百瀬、こっちを向いて」やっぱり好きだ。

    「卒業写真」木内さんの心の動きと勘違いを利用した描写が良かった。
    著者が自身の事を書いた新書も良かったし、未読の市川作品を読んでみようかな。

  • 2017年6月6日

    Book Design/鈴木成一デザイン室

  • 「わたし、答えが出るのって、好きなんですよ。納得できるし、分かりやすいし」
    ー[透明ポーラーベア]千穂

    「あいつのことなんて、知らなければ良かった。ずっと他人だったなら良かったのに」
    ー[百瀬、こっちを向いて]相原ノボル

全347件中 1 - 10件を表示

プロフィール

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう)
1971年千葉県生まれ。東北大学法学部卒業後、SEとして働くきながら文学賞応募し、2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞受賞、デビュー作となる。その後作家専業となり、宮城県仙台市に在住しながら執筆を続けている。
2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、同年『死神の精度』で第57回日本推理作家協会賞短編部門、2006年平成17年度宮城県芸術選奨文芸部門、2008年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。同作で直木賞の選考対象となることを辞退したことも話題になった。
上記受賞作のほか、『重力ピエロ』、『バイバイ、ブラックバード』、『アイネクライネナハトムジーク』など話題となる作品は多い。代表作も殆どが映画化されてきている。

I love youのその他の作品

I LOVE YOU (祥伝社文庫) 文庫 I LOVE YOU (祥伝社文庫) 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

I love youを本棚に登録しているひと

ツイートする