ちぇりあい―ちぇりーぼーいあいでんてぃてぃ

著者 : 戸梶圭太
  • 祥伝社 (2006年3月1日発売)
3.12
  • (4)
  • (5)
  • (19)
  • (3)
  • (3)
  • 本棚登録 :50
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396632625

ちぇりあい―ちぇりーぼーいあいでんてぃてぃの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 夢野久作の「ドグラマグラ」や寺山修司作品を彷彿とさせる。
    描写はあからさまでグロテスク。しかしストーリーは着実に進んでいく。

    18歳以上の成人童貞からのみ抽出されるエキスにより若返りの薬が作れることが解明された。その希少性から1回の抽出に多額の報酬が与えられるという。
    当然彼らの社会的地位は向上し、二人の医学者による童貞確保のための激しい攻防が繰り広げられる。


    「ドーテイ」たちの形勢逆転劇のほか、下流社会で必死に生きる女性たちや個人の欲で人の形を失っていく権力者の姿など、現代社会の人間心理を反映したシニカルな作品。

  • 20090419
    きもちわるい

  • 医学会騒然!
    遂に発見?!不老長寿のピュアエキス!
    ピュアから始まる秋葉の電波が国境を越え気圏突く抜け銀河まで
    狂「気」乱舞!新世界バトルノベル!

  • 今流行のオタクを使って若返りの薬を作るお話。。。

  • なんかよくわからん。
    童貞オトコのハナシ。

  • 衝撃、笑撃。
    何か、ブッとんでます(笑)

全8件中 1 - 8件を表示

戸梶圭太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ちぇりあい―ちぇりーぼーいあいでんてぃてぃはこんな本です

ツイートする