• Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396632663

作品紹介・あらすじ

男女が出会うと、いろいろな感情が生まれる。気になる、好き、愛しい、せつない…。友だちが恋の対象になるのは、どんなときだろう?転校生への憧れ、再会した同級生への複雑な感情、文通相手のまだ見ぬ異性へのときめき-。微妙な機微を、6人の実力派男性作家が描く恋愛アンソロジー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 頬ずりしたくなるような、綺麗な装幀の本です!

    6人の男性作家によるアンソロジーなのですが
    ひとりひとりにテーマカラーが定められていて、
    白い表紙の上を横切る、その6色のリボンに白抜きで浮かぶ『LOVE or LIKe』の文字。

    表紙を覆う半透明のカバーにも同じデザインが施されているのだけれど、
    作家の名前だけは黒い小さな英字で、それぞれのリボンの上に乗っかるように
    カバーの表表紙のほうにだけくっきりと印刷されている。
    反対に裏表紙のほうは、カバーではなく
    裏表紙本体の6色リボンの上に直接白抜きで英字が綴られていて、
    カバーを通して儚げに文字が浮かび上がるのが美しくて。

    その上、一篇ごとの中表紙として、表紙でその作家に割り振られた
    テーマカラーの紙がちゃんと折り込まれているという凝りよう。
    せっかくアンソロジーを編むのなら、みんなこれくらい
    作り手の愛情を感じる装幀にしてくれたらいいのに、と思うような仕上がりです♪

    そしてそして、美しい装幀と、中田永一・本多孝好・山本幸久という
    豪華執筆陣につられて手にしたこの本でしたが
    いちばんの収穫は、意外にも、中村航さんの『ハミングライフ』でした!

    お昼休みに公園で見かけた、猫に餌を与えるための黄色いお皿。
    それをきっかけに、木のウロをポストにして、
    わずか数行の走り書きのやり取りで心を通わせるふたり。
    「あなたは誰ですか?木の精かなんかですか?」で始まる
    その奥ゆかしくもほのぼのとした会話の、なんと素敵なこと。
    もう、私は木のウロとなって、ずっとあなたたちの密かな恋を見守るわ!
    と叫びたくなってしまいます。
    時折はさまれる、中村航さん自ら描いたイラストも可愛らしくて♪

    なんとなく、「全力で恋してる若い読者さんたち御用達の作家さん」と思い込んで
    避けてきたことを深く後悔し、早速デビュー作を図書館で予約したのでした。

    装幀の美しさを堪能し、中村航さんの『ハミングライフ』の
    やわらかな明るさに触れるためだけにでも、ぜひ手に取ってほしい1冊です。

  • 中田永一の「なみうちぎわ」大好きです。こたろう素敵~素敵~゚+.゚(´▽`人)゚+.゚高校生なのに妙に大人で。大人にならざるを得なかったんだなー。悲しい出来事、悲しい真実があっても、それを引きずらせず、素敵な恋だなぁと思ってしまうのは、中田永一さんの腕なんだろうなぁ。

  • 久しぶりに本を読もうと思い、手に取った本。
    6人の作家さんのオムニバスで読みやすかった。初めて読んだ作家さんもいたし、新鮮な感じですんなり読み進めた。
    特に気に入ったのは、『なみうちぎわ』と『ハミングライフ』。
    全体的にドロドロした内容もなく、爽やかなものが多かったので、久しぶりに読書を楽しめて良かった。

  • この「好き」はどっちなんだろう


    タイトルに惹かれて衝動買いしちゃいましたが…あんまりこのタイトルに合った感じはなかったよぅな。。

    6人の作家さんによる短編集☆
    恋愛…じゃないよぅな作品もありつつ、個人的には中村航さんの『ハミングライフ』がいちばん好きだなぁと思いました♪
    ほのぼのほんわか…こぅいぅ雰囲気好きです(^-^*)

    顔も名前も何もわからない相手との手紙のやりとり、、ちょっと怖くて、でもドキドキして…なんかそぅいぅ感情って心地良かったりしますし♪
    でも外見を知らないからこそ内面だけで恋に落ちれるんだと思いましたし、素敵なお話でした☆彡

  • 一番イイと思ったのは、中村航さんの『ハミングライフ』です!
    すごいステキな話!
    主人公も、小川君も、視点がイイd(^_^o)

    それと、山本幸久さんの『ネコ・ノ・デコ』は、同じ作者の『失恋延長戦』を読むと面白いと思います。

  • いいとこどりのように、六人の作品が一度に読める本。
    最も印象深いのは、中田永一さんの作品。深い話だけど爽やかに見える。別の合唱の話にも似た雰囲気があったような…

  • "「好き」と「愛してる」の違いって?"
    石田衣良をはじめ6人の男性作家が描く恋愛アンソロジー。祥伝社さんからは「I LOVE YOU」に続く第2集。

    本多孝好さんの「DEAR」が個人的には一押し。
    20歳の同窓会に集まった同級生3人。小学校6年生の時に同じ少女を好きになった。
    親の仕事の関係で、3人以外には友だちを作ることができず、短期間でまた学校を去ることになった。3人は少女に告白したが、彼女はその答えを手紙に書いて池に投げ込んだ……8年後にその答えを言うよ、と。
    8年後、彼女は同窓会に来なかった。そして彼女が選んだ仕事は……。
    小学生と大人のそれぞれの思いが、綺麗に描かれた作品だと思います。

    石田衣良さんの「リアルラブ?」はお互い届かない相手に恋をしたバイト先の同僚の一コマ。セックスフレンドだってところが石田衣良さんらしいと言えばらしいけど。
    軽いタッチの描き方でアンソロジーの1編目としては最適。

    中田永一さんの「なみうちぎわ」は、水難事故で5年間植物状態だった女性の元に、かつて自身が家庭教師として教えていた生徒が高校生になってやってくるお話。
    少しずつ時間と男女の距離を縮めていく雰囲気が素敵な作品。

    中村航さんの「ハミングライフ」は出会った野良猫を挟んで、手紙のやり取りを楽しむ二人の話。
    こういうやり取りって良いよね。

    真伏修三さんの「わかれ道」、山本幸久さんの「ネコ・ノ・デコ」の2作は個人的にはイマイチかなぁ。「わかれ道」はラストが印象的だけど古典的な恋愛小説にありがちな感じ。「ネコ・ノ・デコ」は恋愛小説なの、これという感じでちょっと作品集的には尻すぼみになっちゃいました。

  • アンソロジー
    「DEAR」がよかった

  • 『ILOVE YOU』に続く第二弾。男性作家6人の恋愛アンソロジー小説集。①石田衣良「リアルラブ?」②中田永一「なみうちぎわ」③中村航「ハミングライフ」④本多孝好「DEAR」⑤真伏修三「わかれ道」⑥山本幸久「ネコ・ノ・デコ」。「DEAR」4人の素直さ恥ずかしさに…、「ハミングライフ」ほんわかしたなぁ、公園で牛乳を与えるのら猫と木のウロを通じて置き手紙のやり取りでのら猫の名前をドドンパと名づけたりする手紙がつなぐ恋の話。「なみうちぎわ」水難事故で植物状態になった姫子が目覚めると……水難事故になった原因が…。

  • 中村航がよかったな~。
    「100回泣くこと」読んでみたいなあ。

全162件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

石田衣良の作品

LOVE or LIKEを本棚に登録しているひと

ツイートする