血の冠

著者 :
  • 祥伝社
3.33
  • (6)
  • (12)
  • (24)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 93
感想 : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396633028

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 主人公「小松一郎」氏と同姓同名の
    小松一郎前内閣法制局長官が6月に亡くなった。
    闘病しながら体調が思わしくない中、
    国会の答弁に立っていた姿に祈るような見守るような
    気持ちを持っていたので、訃報には大きなショックを
    受けました。その人と同じ名前だというので、
    何となく引き寄せられて読み始めた本。

    事件の犯人に至るまでがもどかしく、まだかなーと
    焦れました。

    方言が素朴でよかった。頭にすり込まれてしまった
    みたいです。よっぽど私の中ではツボだったらしく、
    自分の会話の中に「なして、そったこと」とか
    「○○してけろ」という方言がツルッと
    出てきてしまう・・・。

  • 警察モノ好きなので、いろんな意味で裏切られたショックの大きな本でした。

  • 結局、キングが行う血の冠の意味はなんだったのだろう?
    キングは誰だったのか、26年後の犯人の意図とか、なんだか良く分からず終わってしまった。うーん。

  • 想像したら結構グロイよね。
    最後はありきたりな感じがしたな。

  • 題名になっている血の冠が殺人方法なのは間違いないけれどそれが話にどう繋がるのかは不明。にしても・・・暗い穴の中に入り込んでいくような気持ちになった。読後感が重い。

  • 好きな作家のひとりです。

  • 会話のほとんどを占める青森の方言が感情溢れる表現に功を奏していて良かった。風間の冷徹な態度が鼻について仕方がなかったところもあるが、面白く読み進められた。オチは、、、正直あまり好きでないタイプで終わってしまったが、衝撃度はそれなりにあると思う。

  • 面白かったです!
    北の都・弘前が舞台。連続猟奇殺人を追う幼馴染みの警官…
    弘前弁のやわらかさもこの小説の魅力の一つだったと思います。
    緊迫感だけじゃなく、微笑ましい部分もあったりして。
    結末が知りたくて、後半は一気読みでした。

  • おもしろい。舞台が東北の町。東京では考えられない感覚が
    事件の背景にある。そして思いがけない展開。読み応え十分。

  • えぇー!!そういう終わり方ですかーっていう最後でした。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1963年、横浜生まれ。91年小説推理新人賞を受賞し、92年に祥伝社より『時よ夜の海に瞑れ』で長編デビュー。99年には『幻の女』で日本推理作家協会賞を受賞し、正統派のハードボイルド、警察小説の書き手として活躍を続ける。祥伝社既刊に『冬の砦』『血の冠』『約束』『新宿花園裏交番 ナイトシフト』などがある。

「2022年 『新宿花園裏交番 坂下巡査』 で使われていた紹介文から引用しています。」

香納諒一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×