公園で逢いましょう。

著者 :
  • 祥伝社
3.49
  • (9)
  • (26)
  • (46)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 143
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396633059

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ひょうたん型の公園に集うママ友達の連作短編集。

    たまたまその周辺に住み、同じ年頃の子供を持ったがために集まることになったママ友だからこそ、それぞれの育った環境が違うのは当たり前で、みんな、いろいろでした。
    学生時代は、現在の様子とまるで違っていたママがいたり、幼少期の経験で今があるのだろうなと思わされるママがいたり、現実にもありそうと思わされながら読みました。

    中でも、ララママには、頑張ってほしいなと思いました。

    初めましての作家さん。名前も知らなかったのですが、読みやすく、好きな文体でした。
    他の作品も読んでみようと思います。

  • 2014.07.14読了。二つの丸い公園が繋がったような形をしている、『ひょうたん公園』に集うママさんたちの1人1人を描いた、短編集。○○ちゃんのママ、でしかない彼女たちにも、もちろん名前も、それぞれの物語もあるわけで。ドラマ、名前のない女神?を、思い浮かべました。観てないけど。
    見た目でも名前でも、性別がわからない場合、字を聞けばわかるかも。「アキちゃんてどういう字を書くの?」勉強になります。
    短編のなかのひとつ、『バイバイ、ブラックバード』全然関係ないけど、親愛なる伊坂先輩の本のタイトルと同じでちょっと嬉しい。同じジャズのタイトルからとった、というだけで、何の関係もありませんが。
    ママたちの公園付き合いって、きっとものすごく大切だろうけど、ものすごく大変なんだろうなぁ。

  • 公園には小さな子供たちを連れてお母さん達も集まってくる。

    子供同士遊び、お母さん達も会話しあう。

    何気ない日常。今あるそれぞれの生活。

    それぞれ、いろんな思いをかみ締めて、
    自分の人生を歩んできた人たち。

    この公園にいる人に限らず、人はみんないろんな事を経験して歳を重ねていく。

    はたから見たら悩みが無いように見えても、そんな事は無い。
    みんないろいろ考えているのだ。悩んでいるのだ。

    1つの公園を舞台に、いろんな物語があるのです。

  • 公園に集まる《ママ》についての連作短編。
    各章はそれぞれの《ママ》目線。
    よって各章で語られる1真の行動理由と周りの印象の差があったりする。
    それぞれの《ママ》は、お互いを子どもの名前+ママ呼び、そんなレベルのお付き合い。

  • 「魔法使い」が良かった。公園にいる魔法使いたちと根が素直な羅々ママが微笑ましい。よその子の行動に、誰かにありがとうと言われるのが嬉しくてしょうがないのだ、と分かる羅々ママの視線が優しくてきゅんとする。「魔法使い」を読んだら、あまり入り込めないと思っていたそれまでの四話の印象が何故だかちょっと鮮やかになって、やっぱり悪くないかもって気がするようになった。新米パパには身近な人もこんなかなと過った。それぞれのそれまでの人生がメインなことには少し拍子抜けした。せっかくだからママ友同士の話ももっと読んでみたかった。

  • 昼下がりになるとひょうたん公園に集う5人のママと6人の子供達。
    ママは「○○ちゃんママ」と呼ばれ、ゆるい付き合い。
    「公園デビュー」ってのが昔から話題になってますが、ママ達にもそれぞれ名前があるのに実際は「○○ちゃんママ」
    その実際に名前のある彼女たちのそれぞれの過去、そして現在の周りの見え方を短編で書いたお話。

    私的にはさらりと読めて、斬新で面白かった。
    ユウマくんママがちょっと意外な過去、そして5人で5編だ~~と思ってたら4編目にいきなりアウェイな育休パパのお話。
    てことでアキちゃんママだけお話なかった。


    なんでや(笑

  • 公園にいるママ達の連作短編。

  • 通称ひょうたん公園、に集う母親と父親たちのお話。
    育児とかママ友付き合いがテーマになっているのかな〜と思って読み進めたのですが、ただのそれぞれの過去の話ばかりでさっぱりでした。
    これ場所を公園に設定する必要性あった?
    その過去がありきで、今の自身の育児方針につながるってことなのでしょうか。
    描写も中々頭に入って来ずいまいち読み辛い作品でした。

  • 2014.8.11

  • 公園に集うママさんの話。
    1話完結かと思っていたら話はどこまでも絡みあって続いていく。
    みんなそれぞれ人生があるし生い立ちがあるけど、公園では母親、父親でそれなりにうまく付き合っている。

全37件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1969年、岡山県生まれ。2002年『太陽がイッパイいっぱい』で第8回小説新潮長編新人賞を受賞しデビュー。他の著書に『イレギュラー』『厭世フレーバー』『タチコギ』『公園で逢いましょう』『JUNK』などがある。

「2017年 『泥棒役者』 で使われていた紹介文から引用しています。」

公園で逢いましょう。のその他の作品

三羽省吾の作品

ツイートする