千年鈴虫

著者 :
  • 祥伝社
2.96
  • (3)
  • (7)
  • (25)
  • (11)
  • (2)
本棚登録 : 96
感想 : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396633967

作品紹介・あらすじ

母の誘いでカルチャーセンターに通い始めた私。出会ったのは『源氏物語』を教える老いた講師、大橋征一。昼間から臆面もなく源氏の繰り広げる愛憎劇を読み解く男は、教室の外でも、女たちに求められるがままに応えているらしい-。私の母も、そんな一人だった。母の仇討ちのように、私は大橋と二人きりで会った。半ば以上、興味本位に。彼がどんな風に女を誘うのか、偽の源氏が織りなす倒錯の世界を、垣間見たい思いもあった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 平凡に生きていたOLと老いた古典講師の性愛小説。
    物語は源氏物語を軸に微妙にリンクしながら進んでいく。

    谷村志穂作品のヒロインたちは自ら望んで堕ちていく女ばかりだけれど
    この作品の千佳は特に悲しく感じた。
    源氏に深く触れ合ううちに物語の姫君たちと自分をどんどん重ね合わせてしまうあたりは特に。

    しかしねー
    こんな70代の爺さんが実際にいたら恐いわ~

  • 光源氏好きの70歳男性と、源氏物語教室に通う女性の話

    男の人って何歳になってもモテる人はモテるんだなーと思った
    容姿関係なく話が面白かったり女の扱いがうまいと
    光源氏もそうだたんだろうな~

  • 2020/08/04 読了。

    図書館から。

    著者作品初。
    パラっと読んで、源氏物語が出てきてたので、
    借りてみた。

    恋愛ってすげぇなぁと。
    こうなりたいかっていったら否ですが、
    こうなれる人もすごいなぁと。

  • 装丁が綺麗で手に取ったけれど、内容は自分にはしっくりこないかな…

  • 何でなんだろう
    よく分からない事ばかり
    何でこんなお爺さんに惹かれるのか謎
    きって千佳ちゃんていい女なんだろうな
    だからこそ謎

  • 母の誘いで行ったカルチャーセンター。源氏物語の講座となると母世代が多い。そんな中に紛れ込んだら最年少だわな。
    30代の娘が70代男性講師と濃密な関係に。
    えー、父親より年上じゃないの? アリなの?
    年齢に関係なく、うっとりさせてくれる人というものが存在するのだろうか。
    あたしなら、くるりくるりのマッサージだけお願いしたいな。

  • おもしろいんだけど、最後の着地をもっとはっきりさせてほしかったなぁ
    前向きな一歩、の、その先まで

  • ここまで魅力的なおじいちゃんに会ってみたい。(いないから本になるんだろうけど)
    話が冗長というか同じことばかりというか、知り合いに自分の恋愛を聞かされているようで飽きてしまった。

    源氏物語、読み返してみようかなあ。

  • 女たちとの奔放な性の営みをおくる、カルチャーセンターで「源氏物語」を教える老講師の虜になった母と娘の話。源氏物語の世界と微妙に絡みながら、性の歓びに目覚めていく女の姿が艶かしい。

  • 源氏物語詳しくないからよく分からない。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1962年北海道生まれ。北海道大学農学部卒。’90年『結婚しないかもしれない症候群』で鮮烈なデビュー後、’91年に処女小説『アクアリウムの鯨』を刊行する。自然、旅、性などの題材をモチーフに数々の長編・短編小説を執筆。紀行、エッセイ、訳書なども手掛ける。2003年『海猫』で第十回島清恋愛文学賞を受賞。

「2021年 『半逆光』 で使われていた紹介文から引用しています。」

谷村志穂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×