家康、江戸を建てる

著者 :
  • 祥伝社
3.83
  • (90)
  • (167)
  • (115)
  • (11)
  • (7)
本棚登録 : 1038
レビュー : 151
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396634865

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 歴女には程遠いし、時代小説もほとんど読まない。
    大河ドラマも興味がなく、戦国武将もあやふや・・・。

    そんな私がおもしろい!と思えたこの小説。
    直木賞の審査員からは「これは小説ではない」との厳しい意見も出たようだが、個人的にはこれはこれでいいのではないかとも思う。小説の形態は色々あっていいではないか。

    まあ、しかしこの本の主人公は家康ではない。
    関東のど田舎だった江戸を立派な都に至らしめた陰の主役たちに光を当てている。
    利根川の流れを変え、飲み水を引き、貨幣を流通させる。
    さらにシンボルとしての天守閣の建設などなど。

    どれもこれもへ~っと驚くことばかりで、ちょっとこの知識を自慢したくなった。
    利根川って元々どこに流れてたか知ってる?
    井の頭ってどうして井の頭だと思う?
    金座って聞いたことある?
    とかね(笑)

    この本を読んでから全く興味のなかった皇居東御苑も行ってみたいなと思うようになった。
    知ってると知らないじゃ大違い。
    面白く小説として読ませてくれた本書、とっても良かったです。

  • 最初は秀吉に任ぜられた未開の地の江戸が、お城を中心に住みやすく美しい街になってゆく過程が描かれています。水の流れ、貨幣の精度、飲料水の質と使いやすさ、城の石垣の角度や加重、天守閣の色に至るまで、家康の目利きにかなった職人の技が光ります。何世代にも渡って成し遂げる誠実な職人もいれば、時が減て腐敗と堕落の一途を辿るものもあります。1章にひとつは必ず膝を打つ言葉があって心に響きます。ここに登場する藤堂高虎は残念な男です。なるほどそれはダメやと納得。目利きと信頼と誇りの大切さを再確認する作品でした。

  • 関東には手つかずの未来がある!
    秀吉からの突然の国替えの申し出に対し、反対する家臣達に向かい言い放つ徳川家康。
    ここから家康の一大プロジェクトが始まった!
    問題多発の荒れ放題の土地の地ならしは、利根川東遷に始まり、日本史上初めての貨幣統一、上水道設置工事、強固な江戸城の築城……先人達の知恵と技術の賜物。

    感心するのは家康の人を見る目。
    無名の技術者を指名し務めを果たさせる。
    そして決して好機を逃さない時流を見る目……これぞ天下一のリーダー!
    お陰で今の東京、いや日本がある。
    江戸は一日にしてならず!
    そして今に続いている。

  • 徳川家康が江戸幕府を建国するまでの過程を小説仕立てにしており、歴史好きにはたまらない一冊。運河の工事、金貨の鋳造、天守閣の建設、飲料水の確保など、江戸幕府の開国に至った経緯を詳細な取材に基づいて描いており、筆者の歴史への造詣の深さに圧巻される。

    本書は歴史書に分類されるが、マネジメントやコミュニケーションといった、要素を含んだ一種のビジネス書のような一面も持ち合わせている。例えば、利根川の流れを変えるように家康の家臣が領主に依頼するシーンがある。なぜ川の流れを変える必要があるのかと訝しる領主に対して、家臣は利根川の流れを変えることで、年貢が増え、ひいては領主様にとって利益をもたらすことを主張しいる。これは、相手にとってのメリットを伝えて説得するという、現代のビジネスシーンでも用いられている交渉術である。
    家康が江戸幕府を開びゃくし、その後250年もの治世を維持することができた背景にあるのは、家臣の能力を見抜き先進的な取り組みを続けていた、家康のマネジメント力かもれない。

    以下に面白かった点を述べておく。
    ①小判の流通
    豊臣時代に流通していた小判は金の含有率が低く、市場の信用性が乏しいため、ほどんど流通していなかった。家康はこの点に目をつけて、金の含有率が高い小判を家臣に作るように命じた。より質の高い小判を江戸で流通させることで、悪貨を駆逐することができ、「徳川」の権威を高めるためである。

    ②天守閣の建築
    防衛の観点から見ても城に天守閣を建築する必要性はない。それでも、家康が天守閣の建築にこだわったのは、大名に金を使わせるためである。天守閣建築に関わる材料費や工事費を全国の大名に負担させ、彼らの経済力を弱めることに加えて、徳川家こそが天下の支配者であることを誇示することができる。

  • がんばって読んだ。

    第一話 流れを変える
    第二話 金貨を延べる
    第三話 飲み水を引く
    第四話 石垣を積む
    第五話 天守を起こす

    天下を治めた家康は、人、物、時間、金の使い方が巧みで、「時の流れ」や「運」、さまざまな物事の「理」さえも味方にするんだなぁ…と。呼ばれてうまく乗って、その流れを利用しているようで、なんだかすごいと思った。ところどころ自己啓発っぽく、ビジネス書ぽいな…と思った。開運!みたいな光って見えた。


    個人的には「金貨を延べる」が面白かった~。一話の「流れを変える」で、意味が分からなくて、何度も古い地図を検索しながら読んで、それでも伝わってこない部分もあった。

    江戸時代も今もやってる事は根本的にはあまり変わっていないのかも。技術や科学、道具の発達により、かかる時間は変わってくるだろうけど、基本はそんなに差がないなと思った。

    あと大河ドラマの「真田丸」見てよかった。じゃないかったらきっと挫折して読むのやめていたかもしれない。あのドラマ見て初めて秀吉周辺に興味がわいた。なので読んでいる途中で知ってる人が出てくると、「真田丸」モードに自動で切り替わって楽でした。(真田幸村は一回だけチラッと出てきただけ)。

    ただ最初は面白かったけど四話あたりから面白味が減ったような気がした。

  • 秀吉の命により、家康が転封した江戸。
    関東の一寒村だったこの地が、今や世界に冠たる大都市となった所以は、やはり家康の先見の目と、職人たちの情熱と奮闘にあったことを改めて教えてくれる。
    街づくりのため、水害をもたらす元凶たる利根川を曲げてしまう伊東忠次。
    家康の意を受け、貨幣鋳造に生涯をかける橋本庄三郎。
    井戸水は、江戸の地の地質ゆえ塩辛くて飲めたものではないため、家康から水利措置を講じられた大久保藤五郎と春日与右衛門。
    江戸城の石垣に自ら見出した最上の最上の石を積もうとする、みえすき五平、喜三太。
    己の意を込めて天守閣を建てる家康とその真意を推し量ろうとする秀忠。
    著者の臨場感あふれる描写と緻密な実証により、直木賞候補になり、また今だにロングセラーを続けていることも、納得できる傑作。

  • とても面白かった。
    治水工事、上水道工事、通貨づくりに、城づくり。
    インフラは、一朝一夕に完成するものではなく、幕府を開けば即、江戸が栄えるわけでもない。
    それでも、その大工事に取り組んだ人々がいたからこそ、大都市・江戸が完成する。
    役人や職人の力で、大きな事業が完成していく過程に、わくわく。
    知っているエピソードもあるが、それでもストーリーが面白い。
    江戸を"建てる"というタイトルがぴったり。
    現在の地名も紹介しているので、実際の場所をイメージしやすい。
    適宜現代風の用語で説明しているのも、わかりやすい。

  • 天正18年(1590年)夏、小田原攻めの最中に、豊臣秀吉は徳川家康に関八州を「進呈」すると言い出した。それまでの東海5カ国と引き換えに。

    家臣たちの猛反対の中、家康はこの国替えを受け入れる。「関東には、手つかずの未来がある」との直感の故に。

    江戸の泥地を、利根川の流れそのものを変えることで肥沃な関東平野に変える一大工事。三代に渡る執念ーー「流れを変える」

    現代に続く計量貨幣の世の基礎となる小判を発行し、全国貨幣の支配者にーー「金貨を延べる」

    江戸の街に上質な水道を。井の頭のルーツーー「飲み水を引く」

    城が焼け落ちても残る、強くて美しい石垣を作り上げた男達の物語ーー「石垣を積む」

    常識を覆した白い壁に込められた二つの意義ーー「天守を起こす」

    戦争から平和の世へ。軍人・家康の治世家としての側面をクローズアップした快作。

    世界に冠たる江戸の町を、現代の大都市東京の基礎を作った男達の物語。

    普段歩く町の風景も変わって見えてくるような気がする。

  • 家康を軸に、歴史上有名無名の脇役の人たちによる江戸発展の物語。5つの物語が独立していて、家康でつながっている。江戸が少しずつ形作られる様子がわかる。この作家にかかれば、堅苦しい人物も愛嬌が備わる。キャラもたっている。直木賞候補作となって受賞しなかった作品だが、受賞する資格充分と感じた。
    家康が関東に入るまで、この地は人が住めるような場所でなかった。家康が入ったからこそ、今の東京の殷賑がある。

  • 「関八州を差し上げよう」
    秀吉は“ありがたい良い話”のように言うが、父祖の代からの三河をはじめとする現在の領地と引き換えである。
    猿におにぎり取り上げられて柿の種をもらった蟹みたいである。
    家臣たちは猛反対するが、家康は関東の「伸びしろ」に賭けたようだ。
    そう、柿の種はやがて育ち、多くの実をつけるようになる。

    しかし、さすがに水浸しの大平原とボロ城を前に、家康絶句。“ぽーん”という擬音が聞こえてきそう。
    しかし、切り替えは早い。
    江戸そのものの地ならしに取り掛かる。

    時系列どおりの小説ではなく、各プロジェクトごとに現場が描かれる。
    まだ戦乱は続いていたが、収束に向かいつつあった。
    ここではすでに戦国武将は主役ではない。
    そこここに、時代の変わり目に置いていかれそうな人物も描かれている。
    文官と技術者の時代がやってくるのだ。
    亡くなる前年まで、家康は武将として豊臣を押さえてきた。
    軍事と民政の二足のわらじを履き、もちろん忙しい。
    人材を集め、各プロジェクトごとに専門家に任せる、そういう人使いの巧みさも、家康の江戸作り成功の秘訣だろう。

    第一話 流れを変える
    関東平野を水害から救い、米の収穫量を上げるために、利根川の川筋を変えるという大事業。
    時代の流れを変える、という意味も含むだろう。
    伊奈三代の仕事。

    第二話 金貨(きん)を延べる
    貨幣を流通させて、経済の天下統一を目指す。
    伝統ある彫金氏の家、後藤家につかえる庄三郎の野心が家康とシンクロ!

    第三話 飲み水を引く
    治水事業により水害は減り、交通網としての河川は整えられつつあるが、良質な飲み水を手に入れなくては生活の質は上がらない。
    質プラス量。
    驚くべき技術開発で、水道を引く。

    第四話 石垣を積む
    城の土台となる石垣。
    石の摂理を読み、良質な石を切り出す吾平と、石の重さの偏りをはかり安全かつ堅牢に積み上げる方向を決める喜三太、二人の「見えすき」と、神になった石。

    第五話 天守を起こす
    最後の戦国武将として、家康がどうしても打ち立てておきたかったのが天守ではなかったか。
    時代はすでに次世代のものであるが、本当に天守が必要なくなるのはもう少し後である。

    江戸は一日にして成らず。
    そして永遠に普請中であり発展中。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ヴィジュアルと、江戸・東京のお散歩のガイドをお求めの方にはこちらもお勧め!

    詳伝社新書「江戸城を歩く」黒田涼/著
    ISBN978-4-396-11161-8

全151件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

門井慶喜(かどい・よしのぶ)
1971年群馬県生まれ。栃木県立宇都宮東高等学校、同志社大学文学部文化学科文化史学専攻(現・文学部文化史学科)卒業。
2000年「天才たちの値段」で第39回オール讀物推理小説新人賞候補。2001年「女子校時代ライブラリー」で第40回オール讀物推理小説新人賞候補。2001年「いちばん嫌いな親友」で第41回オール讀物推理小説新人賞候補。2003年「キッドナッパーズ」で第42回オール讀物推理小説新人賞受賞。2008年 『人形の部屋』で第61回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編部門)候補。2009年「パラドックス実践」で第62回日本推理作家協会賞(短編部門)候補。2015年『東京帝大叡古教授』で第153回直木賞候補。2016年『マジカル・ヒストリー・ツアー ミステリと美術で読む近代』で第69回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)受賞。2016年『家康、江戸を建てる』で第155回直木賞候補。咲くやこの花賞(文芸その他部門)受賞。2017年『銀河鉄道の父』(講談社)で第158回直木賞受賞。

家康、江戸を建てるのその他の作品

家康、江戸を建てる Kindle版 家康、江戸を建てる 門井慶喜
家康、江戸を建てる Audible版 家康、江戸を建てる 門井慶喜

門井慶喜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

家康、江戸を建てるを本棚に登録しているひと

ツイートする