マイ・ディア・ポリスマン

著者 :
  • 祥伝社
3.40
  • (6)
  • (24)
  • (49)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 205
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396635220

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お巡りさんと副住職が幼馴染みってだけでも面白い設定なのに、特殊技能を持つ女子高生や記憶能力に優れた兄弟など、何だかんだでいい人ばかり出てくる話。さすが、群像ものは上手いわ。

  • 初めから登場人物多めだけど、バンドワゴンより年齢層が低めで続編が読みたい現代ポップ小説。

  • 小路幸也さんの「知らないうちにガッツリ刊行されてて読めてなかったやつがこんなにあったとはっ!!!」シリーズ!?・・・衝撃の第三弾w

    〈東楽観寺前交番〉、本日も異常あり?

    交番に赴任してきたお巡りさんは元捜査一課の刑事。
    説法はうまいけどコワ面の幼なじみの副住職。
    そして彼らの前に現れたのは、マンガ家志望の女子高生は伝説の平場師の孫!!

    ははは!めっちゃ小路さんらしい登場人物たち!

    恋バナもからめながら、みなさん今日も元気に活躍します!w

  • 泰造が
    美春さんが笑顔だ。
    兄貴も笑顔だ。
    ってトコ。
    うるっときた。
    泰造、ちゃんと見えてて、こういうの待ってたんだよね。だからさ、余計に嬉しいよねってさ。
    見ないように、聞かないようにすることもできるんだよ。兄と弟なら、弟の立場ならさ余計に。
    優しかった兄貴を知ってるから、仲良かった時代があったから。兄貴を信じたいよね。
    カッコよく存在しててほしいよね。
    良かった。泰造、良かったなー。
    泰造面白そうだから、泰造の話、読みたいな。

  • 人よりも秀でた能力を持つ人々の話。人を傷つける能力にもなるし、人を助ける能力にもなる。次巻は有るか?

  • そうなんだ。
    小路幸也の
    悪人が出てこない
    いろんな人が繋がってて
    フツーじゃない能力もこっそり使いつつ
    でも決して悪いことには使わず
    とにかくハッピーな
    ラブストーリーなんだ。

    続編とか、過去の振り返りとか
    書こうと思えばいくらでも膨らみそう。
    小路さん、シリーズ沢山!

  • 一般人とみせかけて特殊技能がある、という展開がすきなのかなあ・・・

  • 新しいシリーズがはじまったかんじかな。特殊能力をもつ女子高生と町のお巡りさん。ある種の因縁めいたおはなし。

  • 色々な伏線があるが、ラストでなんとかまとまる。でも何か消化不足。続編も楽しみ。 2018.3.7

  • 2018.02.11読了 図書館
    登場人物ほとんどがいい人なので、安心して読めました。
    そして、ちょっとした能力が。
    時々誰が言っているのかわからなくなってしまうのが、残念。

全36件中 1 - 10件を表示

プロフィール

作家

小路幸也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする