国士

著者 : 楡周平
  • 祥伝社 (2017年8月8日発売)
3.76
  • (5)
  • (25)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :90
  • レビュー :19
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396635237

国士の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 夫婦2人で細々と始めたカレーショップだったが、加盟店を大切にし、国内トップシェアを誇るカレーチェーン店に育てた創業者の篠原。海外展開を前に経営から引退することを決意し、外部から招聘した経営者・相場に後を託したが・・・
    フランチャイジーが協力して・・・とも思ったが、最後はスッキリとした安定感。創業者のモデルはココイチ、経営者として乗り込んできたのはマックの・・・?

  • 最高に面白かった。日本の未来に何が必要がわかった気がした。

  • 18-2-2

  • ドミナント戦略にそんな思惑があったとは
    生産性や合理性だけを追求し過ぎた日本企業は
    大義ばかりの海外展開を謳うが
    その先にあるのは何なのか。

    こと今回の作品で言えば
    日本の自給率をあげることこそが
    経済発展にも繋がるということに深く同意した。

  • コンビニの大変さはよく聞く。日本の未来まで考えてる社長はえらいが反対意見もわかる。

  • ‪合理的プロ経営者vs.情を大切にする日本企業。シリーズは異なるが著者の過去作『ドッグファイト』に似た構図。一見シンプルな勧善懲悪の裏に隠されたフランチャイズや地方創生ヘの問題提起。アマゾンとヤマトの件をまさに“予言”した著者だけに怖い。近所のコンビニの見え方も少し変わった。‬

  • 『プラチナタウン』『和僑』に連なる経済界版勧善懲悪物語。経営者の使命は短期的に会社の業績をあげることではない。コスト削減は大事だが生産性を上げ,消費者,生産者,社員を幸せにる方向に働かなければ長期的には凋落の道へまっしぐら。オーナーを大事にせず本社の利益のみを追求し続けるコンビニを見よ!

  • ビジネスで弱者が大逆転、勝負の結果は予想できるがハラハラさせらせる。イッキ読みしたくなって帰宅を遅らせてまで1日で読了!前作からの繋がりがあることを知り、早速予約を入れた。

  • 分かりやすいストーリーで
    悪きものは必ず倒されるすっきりエンディング!
    フランチャイズのロヤリティがいかに大変かがよくわかるが
    まーオーナーに甘い企業なんてないよねw
    つくづくサラリーマンから一線を退いた自分は助かったと思うけど
    収入落ち込みは否めない

  • 創業者の引退後あるあるだろうね。
    コンビニ大変そう。

全19件中 1 - 10件を表示

楡周平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
池井戸 潤
塩田 武士
相場 英雄
池井戸 潤
三浦 しをん
原田 マハ
長岡 弘樹
柚月 裕子
高野 和明
横山 秀夫
池井戸 潤
奥田 英朗
楡周平
宮下 奈都
米澤 穂信
東野 圭吾
池井戸 潤
辻村 深月
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする