痴漢冤罪

著者 :
  • 祥伝社
2.90
  • (2)
  • (7)
  • (10)
  • (6)
  • (4)
本棚登録 : 57
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (450ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396635367

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マジで怖っ?
    満員電車で突然この人痴漢ですっと手首を捕まえられ、駅員室へ連れていかれそうに、そこに人権派の弁護士が突然現れ、駅員室に行くと最後、警察に連れていかれ、強引に自白させられ、裁判で無実を訴えても99.9%有罪になるから行くなと、ここは私に任せてくれと言われる。
    ことをおさめるには示談が必要だ。その金額は300万円!!どうする?
    うわぁー払っちゃいそうぉ(>_<)

  • 厚めなわりにすぐ読めた。んーまぁまぁ。

  • タイトルと装丁から、社会派の重い作品かと思いきや、意外にもハードボイルドエンタメ作品。2人の悪人が正面から激突する、とても燃える構図。すごく久しぶりに「ページをめくる手が止まらない」状態になった。

  • ミステリーや警察物を好きでよく読みますが、この作品読んでいくうちに怖くなりました。
    痴漢、許されることではない!
    しかし弁護士がこれを利用して示談金を取る仕事にしている事に驚きです。
    弁護士木塚、プロダクション社長吉原の戦い、ハラハラしながら読みました。
    少女、桃香ですよね?
    凄い、したたかです。

  • 痴漢冤罪にどう対処するか!という内容かと思いきやチームプレイで持久力のある狼タイプの木塚と待ち伏せ狩猟の瞬発力がある虎タイプの吉原が、やられたらやり返すゲス同士の仕返しも吉原の「ぬけ」が多い。お互い葉月と杏奈には優しさも見せるが、どうせゲス同士なら仕返しはもっとエグくても良かったかな?最後は一番強かなのは桃香だった。

  • 悪徳弁護士と大手芸能プロダクションの成り上がり社長との頭脳戦。
    よくこれだけ次から次へと悪だくみを考え出すものだと感心する。
    それにしても痴漢のでっち上げは恐ろしい…。
    現役時代、あまりラッシュアワーの電車通勤は経験していないが、よく被害に遭わなかったものだと思う。

  • 痴漢冤罪ビジネス。面白かったがラスト、すっきりしたかった。

  • 数年ぶりに新堂さん。
    ブクログに投稿を始めて、35冊目。
    後半物語の途中途中に、新堂さん得意パターンが垣間見えました。
    ・・・両手を挙げていても嵌められてしまうのは怖い。
    高価なものを身に着けるのも危ない。私は大丈夫ですが。

  • 痴漢冤罪詐欺を働く弁護士グループと、それに狙われた芸能プロダクションの悪徳経営者のゲスな戦い。
    あまりにゲスなストーリーにヘキヘキさせられるが、テンポのよさと展開の速さで、ついつい1時間強で一気に読んでしまった。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1998年、「血塗られた神話」で第7回メフィスト賞を受賞して作家デビュー。裏社会や剥き出しの欲望を描いた作品群と、恋愛を中心とした作品群とを書き分け、前者は黒新堂、後者は白新堂と呼ばれる。「枕女優」「カリスマ」「百年恋人」など著書多数。近著に「痴漢冤罪」「夜姫」。

「2018年 『制裁女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新堂冬樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
塩田 武士
恩田 陸
中山 七里
雫井 脩介
湊 かなえ
柚木 麻子
東野 圭吾
又吉 直樹
伊坂 幸太郎
佐々木 譲
誉田 哲也
横山 秀夫
柚月 裕子
黒川 博行
池井戸 潤
奥田 英朗
伊坂 幸太郎
池井戸 潤
東野 圭吾
村田 沙耶香
角田光代
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする