松下幸之助とEQコーチング―時代を超えて生きる「信・認・任」の知恵

  • 祥伝社 (2006年12月発売)
3.45
  • (1)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 21人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396681180

松下幸之助とEQコーチング―時代を超えて生きる「信・認・任」の知恵の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 短時間で読み切れました。すぐ真似はできないけど、そうか~と思う本。

  • 『経営の神様』松下幸之助は、人間力の優れた人だと感じた。

    コミュニケーション能力の高さが、人をひきつけ、育てることにつながったのだろう。

    『鳴かぬなら それもまたよし ほととぎす』

    その時置かれている状況のマイナス材料を、プラスにとらえ直すとどんなチャンスとして活かせるのか、考えてみようと思った。

  • コーチングに関するシントピックリーディングの10冊中の1冊。ざっと飛ばしたので星は三つ。

  • 松下さんの実話をもとに、それをコーチングの観点から解説している本。
    「信、認、任」という漢字からコーチングに関して説明している。

    コーチングの基本スキルを紹介するというよりは、実話をもとにした、有効な実例集といったところか。

    しかし、松下さんの実話には現代人が学ぶべきところがたくさんある。

    信:人間が本来持っている無限の可能性を信じること。
    認:人のいい面、悪い面といった多様性を持ち味として心に受け止める。
    任:適材適所、人を活かして使う経営者。人が活きる場を提供すること。

    レトリック(たとえ話のこと。状況に最適なレトリックを利用して部下の納得を引き出すことができる。)
    在庫を減らす必要性を、魚屋を見るということで部下に伝える。
    最短な道が最適ではなく、遠回りも時に最短でスマートな方法であるということを、駅から自宅までの田んぼ道に例えて部下に伝える。

    オプティミズム(楽観性)が必要である。部下が自分の思うように動いてくれなくてイライラすることがあるが、それを受け止め、どのように道案内したらいいか。それを楽観できるかどうかで対応が変わってくる。

    精神が成熟したリーダーとなりたい。
    松下さんのようなレトリックがうまく使えるようになるといいな。

  • バイブル!松下幸之助という人物がいかに物事を考え抜いているかの一端を見ることができる。影響力が大きい本。思い続けることがいかに大切かが書かれている。

  • 松下幸之助はどうやって部下を育てているのか?

    EQとは心の知能指数のこと。自分の心理状態や状況を判断する能力などである。

    松下幸之助は、「信・認・任」をモットーに、部下を育てた。

    人のの可能性を見抜くために、
    よく聴き、観察し、どんな状況も受け入れ、すべての人に教えを請うた。

    人のの能力を引き出すために、
    ・ほめる
    ・しかる
    ・質問する

    人の能力を高めるために
    ・考え抜き、思い続け、
    ・理念や言いにくいことも伝えた

全6件中 1 - 6件を表示

本間正人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

松下幸之助とEQコーチング―時代を超えて生きる「信・認・任」の知恵はこんな本です

ツイートする